復活!木津川 流れ橋

これは2008年2月6日に訪れた時の流れ橋です。
1953年に誕生したこの橋は、増水時にはロープでつながれた床板だけ流れに任せて水面を泳がせ、水位が元に戻れば、ロープを手繰り寄せて復元するという構造になっています。
今まで橋板が流れた回数は21回を数えますが
2014年8月9日の台風11号による豪雨被害は生やさしいものではありませんでした。
下流に流れてしまった床板もあったそうです
 
橋脚もかなり傷んでいます
 
奥の方は流木などが絡みついて無残な状態です
  
   
2016年5月18日 「流れ橋」復活後に訪れてみました
土手上から見た限り、以前とあまり変わっていないようです。

これでは又、流されるのでは・・・・・と思いましたが・・・・・・・
川原に下りてみて納得しました。

橋桁の主要部は鉄筋コンクリートに変更され、橋脚のスパンを従来より広げると共に橋の高さを以前より高くして、流木の影響を受けにくくしたそうです。
橋の全長は356.5m
復活日:2016年3月27日
 
木津川 流れ橋
所在地 京都府八幡市上津屋
交通 京阪八幡市駅より京阪バス2番乗場・岩田方面行乗車 上津屋停下車 四季彩館内を通り抜け案内板に従って歩く
メニューへ戻る