流れ橋が流された!

2014年8月18日 以前に「レンタサイクルで行く木津川流れ橋」で紹介した上津屋橋が、2014年8月9日、台風11号の豪雨によろ木津川の増水で床板が流された・・・との情報を耳にし、他の件で出掛けた京都の帰りに寄ってみました。
八幡市側の堤防上から見る上津屋橋は、見るも無残な姿をさらしていました。私とほぼ同じ時に、ロードバイクでやってきた男女の二人連れが、呆然と立ち尽くしている姿が今も思い浮かびます。


私は知りませんでしたが、この橋は度々流されているようで、今回で4年連続の21回目の流失となったそうです。


もともと流されるように造った橋ですので、予定どうりの状況かも知れませんが、復旧に数千万円かかるとの情報も伝わってきます。
途中で引っかかっている床板がみられますが、他の床板の行方は・・・・・・
一番手前の床板はずり落ちそうな状態で残っています。
次の床板グループは土手の中腹の雑草上に横たわっています。
次のグループは川砂利の上
次のグループは一寸短いようですので、一部流失か?
次のグループが橋脚に引っかかっています。
大木が橋脚に引っかかっていたりする部分もあります。
上流側は橋脚にゴミが絡み付いています。
一部で、橋脚の壊れも見られます。
大量にゴミが引っかかった部分もあります。
対岸までこんな状態がつづきます。
以前この橋は、時代劇のロケになどによく使われたそうですが、最近はテレビ・映画などの時代劇は激減しているように感じます。高い修理代を払って、元どうりにしても毎年毎年同じ事が繰り返されるようなら、流されない橋にした方が良いのでは・・・・・・とも思いますが・・・・・・。
 
メニューへ戻る