レンタサイクルで行く
木津川流れ橋

京都府八幡(やわた)市の木津川に、通称「流れ橋」、正式名「上津屋橋(こうづやばし)」と呼ばれる木造の橋がある事を知り出かけました。

京阪電鉄八幡市駅からバスで行く予定でしたが、観光案内所前の「レンタルサイクル貸出中」の看板を見て気が変わりました。案内所に飛び込みレンタルを申し出ると、係員さんが自転車の受取り方法や、観光マップを示しながら自転車ルートを親切に教えて下さいました。
自転車のキーを受取り、1000円を支払います。この1000円はキーを返却すると返してくれますので、レンタル料は実質的に無料ということになります。(注・2016年5月現在、自転車を新しくしたとのことで、レンタル料500円+保証料500円=1000円となっていました。保証料は自転車返却で戻るようですので、実質500円ということです)
自転車を受取りに、教えられたとおりに踏切を渡り木津川の堤防の方に進むと、左手の辻奥に市営駐輪場が見えてきます。
駐輪場の2階に上がると東側の隅にレンタサイクルが並んでいます。ここで「自分で座席の高さを調節し、タイヤの空気圧を見てください」と云われていたので調べてみると、案の定タイヤの空気が少なくなっていました。1階の事務室で「空気入れ」を借り、前・後輪ともにパンパンにしてイザ出発!
駐輪場から程近い木津川の土手に上がりますと、南側に「石清水(いわしみず)八幡宮」がある男山がそびえています。そういえば「背割堤の桜」を見に行った時にもこの山が見えていたので背割堤はほん近くです。
木津川の堤防上は「サイクリングロード」となっており、人と自転車だけが通れる道ですので、安心して走れますが、この自転車はギャー比が低くて、漕いでも漕いでもスピードがあまり出ないのには閉口しました。
自分の自転車ならもっと早く着いたと思いますが、出発点より約30分、河川敷に作られた茶畑の向こうに「流れ橋」が見えてきました。
この橋は、京都府城陽市と八幡市を結ぶ、木津川に架けられた全長356.5mという日本最長級の木造橋で、通称「流れ橋」と呼ばれています。
堤防上には一服できる東屋が設けられていますし、トイレの案内も出ていますので、女性の方も安心して出向くことができます。

観光案内所で聞いた話では、この近くに四季彩館という施設があって、自転車はそこで返却しても良いし、食事もできるとの事。お腹もすいたし、まずは腹ごしらえ・・・と堤防下の案内板に従ってそちらに向かいます。
四季彩館(やわた流れ橋交流プラザ)

「和風レストラン」や「物販コーナー」、又ソバ打ちやパン・ジャムづくりなどが楽しめる「体験教室」、ゆっくりくつろげる「四季の湯」、1泊2700円で泊まれる宿泊室などがある施設です。


ここで昼食を済ませて再び流れ橋に向かいます。
この「流れ橋」の大きな特徴は、流されることを計算し初めから頑丈に造らずに流れたら又つくりなおすという発想によるもので、それと同時に橋板が流れることにより流木やゴミ等の漂流物が橋に引っ掛かることによっておこる、堤防の決壊などの損害を未然に防ぐことができ、また橋板をひも等で連結しておくことで水が引いた時の復旧が容易に行なえることです。
この橋が架かるまでは地元の人達や石清水八幡宮の参拝客は渡し船を利用していたそうです。しかし渡し舟だけでは不便だという地元の人達の強い要望もあり、限られた予算内で、洪水時の水の流れを阻害しない構造であることをふまえ、昭和28(1953)年3月に現在の位置に「流れ橋」が架設されました。
今でも、城陽市と八幡市を結ぶ自転車・歩行者専用橋として朝夕はもちろん昼間でも多数の人々が利用しています。又この橋は対岸の建物や電柱が見えにくいため、テレビ・映画の時代劇等の撮影にしばしば利用されているそうです。
流れ橋(上津屋橋)の構造は木造橋(延長365.5m、全幅員3.3m、有効幅員3.0m)であり、流れ橋という名のとおり、、出水時には一定の水位に達すると全長を8分割して橋脚に連結された上部工が流れる仕組みになっています。
橋脚は全部で73基あり、うち56基は木造ですが城陽側の17基は昭和40年代にコンクリートに改築されています。木造の橋脚の多くが末口22cmの杉丸太の抗木3本と控木2本で支えられていますが、洪水時に上部工を流出から防ぐ役割をしている繋留橋脚は抗木4本となっています。
上部工は末口22cmの杉丸太4本からなる橋桁の上に厚さ7.5cm幅20cmの橋板が敷き詰められているだけの構造となっているため、水位が上昇すると、この上部工が川面に浮かぶこととなります。
単に浮かぶだけだと下流へ流されてしまうことから、8つに分割して、ワイヤーロープで繋留橋脚にがっちりとつなぎとめられており、洪水時にはまるで上部工が筏流しをしているように見えるそうです。洪水が去ると、ロープでつなぎ止められていた上部工を再度敷き並べ、また元とおり復旧することが出来るようになっています。


では過去に実際に流れたことがあるのでしょうか?
流失記録によりますと、架設年の昭和28(1953)年8月の豪雨による流失を筆頭に16件あり、最も新しいところでは平成16(2004)年に台風11号の豪雨による流出があります。
2008年2月6日 撮影
流れ橋の所在地= 京都府八幡市上津屋 地図 (地図は見やすい縮尺に変更してください)
交通アクセス=京阪八幡市駅より京阪バス2番乗場・岩田方面行き乗車 上津屋停下車すぐ

車で行かれる方は四季彩館に駐車して橋を見に行く方法があります。

メニューへ戻る