京都・長岡天神の梅

2011年3月7日

梅花を求めて阪急電鉄京都線・長岡天神駅に降り立った。駅から歩くこと10分弱で長岡天満宮の鳥居前に到着する。

この神社は菅原道真公が大宰府に左遷されるとき、名残を惜しんだ地として知られており、大宰府に同行した臣下の中小路宗則らが帰京して主君を祭ったものといわれています。
階段の左側には小さな枝垂れ梅 階段を上りきると「八条ヶ池」と呼ばれる大きな池があり、右側の土手上には、沢山の花をつけた白梅の木が数本ありました。

この「八条ヶ池」は、寛永15(1638)年に造られた灌漑用の溜池で、外周は約1km、貯水量は約35000トンあるそうです。

← そして、その池の中央に設けられた堤が長岡天満宮の参道となっており、両側に植えられた「霧島ツツジ」が燃えるように真赤に咲く頃には多くの人々で賑わいますが、この時期は通行止となっています。
ただし、閉鎖されているのは中央の参道みで、両袖に設けられた道は通行可能です。左側の道を進むと紅梅に出会い、その少し先には白梅も咲いていました。

社殿に向かう途中、所々で梅の木を見かけましたが、もう一つ勢いがありません。
社殿の袖の白梅
 
少し手前の紅枝垂れ
 
看板の矢印に従って進むと「梅林」に到着です。
最初は神社の梅林かと思っていましたが、立て看板を見ると「長岡公園」となっており管理は「長岡京市」が行っているようです。梅の本数は100本有るか無いか位のコンパクトな梅林です。肝心の咲き具合ですが、早咲き種は終わりかけ、遅咲き種はほとんどが蕾で、普通咲き種が何とか見られるという状態でした。今春は途中で一度暖かくなりましたが、その後また寒さが戻り、遅咲き種の開花が遅れているようです。
 
この梅林の品種名はカタカナ表記でしたのでそのまま紹介します
ユウコウバイ
 
カゴシマ オキナコウバイ(背中が綺麗)
 
ベニチドリ
 
オオシュクバイ
 
オモイノママ
 
シロカガバイ
 
シダレウメ
 
カゴシマコウバイ
 
ヒトエカンコウ
 
長岡天満宮
所在地 長岡京市天神二丁目
境内 出入り自由・梅林無料
アクセス 阪急・長岡天神駅より徒歩約10分
JR長岡京駅より徒歩約20分(路線バスあり)
駐車場 第一駐車場:最初40分無料、以降30分毎に100円
第二駐車場:30分毎に100円(1日最大600円)
メニューに戻る