大阪・長居植物園の蓮&睡蓮

2013年7月5日

久振りに大阪市立長居植物園を訪れました。

正門から始まる通路を少し進むと、西側が一面の蓮の葉で覆われている大池の畔に着きます。

一文字橋を望む中央付近は、まだあまり咲いていませんが、左右を見渡すと朝早くには開花していたのでは・・・と思われる花が沢山ある区域も見受けられます。
蜂の巣状の花托に果実が実ることからハチス→ハスという名になったそうです。
本日は強風が吹きつけ、花弁が乱れている花が多いです。
爪紅という花弁の先端だけが赤い品種
蓮の花といえば、やはりピンクが一番きれいかな?
見頃はもう少し先か?
池畔で毛づくろいをするコブハクチョウの奥に、何やら白い花が水面に沢山見られます。

近付いてみると白・黄・赤の睡蓮が区分けして栽培されていました。
白に見えたは奥の睡蓮は実際は、薄黄色でした。
薄黄色の睡蓮
ピンクと赤い睡蓮
白い睡蓮
 長居植物園
所在地 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL 066-696-7117
開園時間 09:30〜16:30 (入園は16:00迄)
入園料 大人200円 中学生・市内在住65歳以上・障害者は無料
休園日 月曜日(休日の場合はその翌日)
交通 地下鉄御堂筋線「長居」駅・約800m
JR阪和線「長居」駅・約1km
JR阪和線「鶴ヶ丘」駅・約1.2km
駐車場 最初の30分100円以降15分毎に100円

メニューに戻る