桜の長浜城2008

2008年4月9日

長浜で桜が満開と報じられましたのでJR琵琶
湖線で長浜までやってきました。
豊公園は、琵琶湖のほとり長浜城跡に造られた
公園で、同城城主であった豊臣秀吉公にちなん
で名付けられました。敷地内には長浜城歴史博
物館などの文化スポットが点在します。またソメ
イヨシノが約800本植えられており、“さくらの名
所100選”にも選ばれているそうです。
天守閣最上階からは琵琶湖が望め ますし、満
開の桜を上方から眺めることができます。
豊公園の桜林、昼頃から宴会が始まるのでし
ょうか、あちこちでブルーのシートが目にとまり
ます。
天守閣から公園に下りてみました。
花見客がだんだんと増えてきています。
天正の初め、一国一城の主となった羽柴(豊臣)秀吉が、今浜と呼ばれていたこの地に城を築き、地名を長浜と改めて城下町を経営して約7年間居城した城であり、天正11(1583)年4月の賤ヶ原の戦いにはここを根拠地として大勝し、威名を天下にとどろかせました。天正13年から同18年まで山内一豊が在城、慶長11(1606)年には内藤信成が入城し、その子・信正が元和1(1615)年に摂津の高槻城に移ってからは廃城となり、建築物および石垣の大半は彦根城に移されたそうです。
現在の長浜城は昭和58(1983)年に再興されたものであり、長浜市長浜城歴史博物館と命名されています。
 
長浜市長浜城歴史博物館 
所在地:〒526-0065 滋賀県長浜市公園町10番10号 地図  TEL:0749-63-4611
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで) 休館日:12月27日〜1月2日
入館料:大人 400円

メニューに戻る