城跡探訪・長浜城

2013年2月22日

 JR琵琶湖線・長浜駅の西側にある豊公園を、琵琶湖方向に進むと長浜城が姿を現す。
これは秀吉ゆかりの城跡を永く記念するためにと、長浜市が建設した城郭様式の長浜城歴史博物館で、昭和57(1982)年に鉄筋コンクリート造りで竣工したものである。
 模擬天守の裏側に回り、小高い坂を上ると平坦な場所に出る。正面には石碑があり、右側には何方かの銅像が見えています。
 近付いてみると、「豊臣秀吉公」の銅像と「長浜城天守閣跡」の石碑でした。
 この城は天正3(1575)年に羽柴秀吉が入城し、長浜と改名する以前は今浜城とよばれており、そもそも今浜に最初に城が築かれたのは、一般に建武3(1336)年の佐々木高氏に始まり、今浜氏がこれを守備したとされている。
 浅井氏が滅んだ天正3年、秀吉は小谷城を捨て、新たに江北の中心として構えたのが新生長浜城である。
 秀吉は、それまでの砦持ちから城主として長浜に入り、強制的に小谷城下から人を移動させ、新たに城下町を建設し、同時に人集めの施策として町の年貢や諸役を免除した。
 織田信長が死してのちの天正10年には、清洲会議の結果、秀吉に代わり柴田勝家の甥の柴田勝豊が入城したが、同年冬には秀吉がこの城を攻め、勝豊は人質を出し降伏した。
 その後、賤ケ岳の戦などで柴田氏が滅んだのちの天正13年、山内豊一が2万石で城主となった。
 そして関ヶ原の戦を経た慶長11(1606)年には駿河より内藤信成が4万石を得て入城し、その子信正が跡を継いだが、元和元(1615)にこの城は廃城となり、彦根築城のため、建物や石垣の石が大部分持ち去られた。
 昭和46(1971)年に実施された調査では、湖岸付近にこの城の石垣が検出され櫓跡の一部と考えられた。遺物としては瓦や一石五輪塔などが検出され、他の遺構としては、この城の大手門が、のちの彦根城の天秤櫓門として移築されている。

(解説は「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第11巻」より抜粋)
 付近には古い石を使った石垣が残されています。これは大正天皇の即位記念として周辺に道を設けた際に、辺りに散在していた解体長浜城の残石を積み重ねて、高さ2mの石垣としたものだそうです。
 高台から少し下ると、鴨たちが群れる琵琶湖畔に出ます。
 湖岸に建つ石碑には「太閤井址」と刻まれています。これは昭和14(1939)年に、夏の渇水で琵琶湖の水位が下がった時に発見された井戸址だそうで、秀吉が長浜城主の頃に設けられたものだそうです。
 長浜城跡から慶雲館に向かう途中で、こんな石碑を発見。その横には「長浜城の推定復元図」が展示されていました。
 解説文によりますと、「現在の豊公園に本丸・二の丸があり、内掘を隔てて家臣団屋敷が並び、それを囲む外堀の東に城下町(現在の長浜市街地)が展開していた」との事。琵琶湖を掘として使用した素晴らしい城郭だったようです。
 春ともなると豊公園は満開の桜で彩られます。


←これは「2008年4月9日」に撮影したものです。
長浜城跡
 
所在地  滋賀県長浜市公園町10
交通  JR長浜駅より徒歩約5分
駐車場  豊公園大駐車場
長浜城歴史博物館の入場は、大人400円 小中生200円、開館時間9:00〜17:00 年末年始を除き年中無休
 
メニューに戻る