長浜盆梅展を行く

2013年2月22日

滋賀県長浜市の慶雲館にやってきました。

今年は厳冬のためか、梅の開花が遅れていますので、すでに満開が報じられている「長浜盆梅展」を訪れてみました。
この慶雲館は約6千uの広大な敷地に、地元の宮大工・平山久左衛門により、総檜造りの本館や茶室などが整備され、明治22(1887)年以来、長浜の迎賓館として使用されてきました。
雪吊が施された庭園の美しさに多くの観光客が訪れます。
明治45(1912)年に造営された庭園は、京都の平安神宮神苑などを手がけ、近代日本庭園の先覚者と呼ばれた7代目・小川冶兵衛によるもので、国の名勝に指定されています。
毎年、早春の「長浜盆梅展」の会場となっています。
花笠(はながさ) 白雲(はくうん)
紅袱紗(べにふくさ) 慶雲(けいうん) 樹齢伝200歳(手前)
不老(ふろう) 樹齢伝400歳
見事な枝振りの盆梅が並びます


昇龍梅(しょうりゅうばい)樹齢伝250歳
春時雨(はるしぐれ) 彩雲(さいうん) 樹齢伝150歳
彩雲(さいうん) 樹齢伝150年 雛紗(ひなさ)
所々に小さな盆梅も飾られています
2階にも盆梅が並びます
輪違い・紅花と白花が混じって咲く(右手前) 
盆梅による雛壇・三人官女や五人囃子も揃っています
 
慶雲館の他にも長浜には、「長浜鉄道スクエア」・「黒壁ガラス館」・「長浜城」・「大手門通のレトロな町並」など見所がいっぱいです。お出かけの際は、長浜駅改札のすぐ前にある観光案内所で、「長浜まち歩きMAP」をもらって出発しましょう。
長浜盆梅展(長浜慶雲館)
所在地 滋賀県長浜市港町2-5
TEL 0749-65-6521
     (長浜観光振興課)
交通 JR琵琶湖線・長浜駅
      下車 徒歩約5分
入館料 大人 500円 小中生 200円
期間 平成25年1月19日(土)〜
      3月10日(日)迄

メニューに戻る