瀬戸内海国立公園 淡路島
灘黒岩水仙郷

撮影2008年1月30日
 
瀬戸内海に浮かぶ淡路島は花の島。なかでも真冬の水仙の群落美は素晴らしく、日本水仙三
大自生地の一つとして知られています。島の南部に位置する標高608mの論鶴羽山から海に
続く45度の急斜面の一帯、約7ヘクタールにわたって500万本もの野生の水仙が咲き誇り、毎
年多くの観覧者が訪れます。

 
この水仙郷に咲く花は一重咲きの野生のニホ
ンスイセンを中心に、わずかに八重咲きの花も
混じるそうですが、この日は八重咲きは見かけ
ませんでした。
 
あずま屋付近の水仙の開花があまり進んでいませんでしたので、2001年2月12日に訪れた時の
写真をご覧ください。

 
この灘黒岩水仙郷は、今から約180年前に付近の漁民が海岸に漂着した球根を山に植えたのが
だんだん繁殖して、このような状態になったそうである。

 
所在地:兵庫県南あわじ市灘黒岩 地図
開園期間:12月下旬〜2月下旬
開園時間:午前9時〜午後5時
入場料:大人 500円  小中学生 300円
駐車場あり(無料)
期間中、福良からシャトルバスの運行あり
問い合わせ:灘黒岩水仙郷 
TEL 0799-56-0721・0720  
南あわじ市観光協会観光案内所
TEL 0799-52-2336
南あわじ市商工観光課
TEL0799-37-3012

メニューに戻る