背割り提の桜−1

イルミネーション輝くなばなの里

2009年12月21日15時20分、なばなの里に到着しました。バスに戻る時間は18時30分ということで3時間強あるが、イルミネーションが開始されるのが17時00分であるから、それまで時間を潰さなくてはならない。寒い時期だから温室の「ベゴニアガーデン」に入館する。
しかし、その温室が中途半端なものではない。室内の周囲を鉢植のベゴニアが取り囲み上からは蔓性の花が無数にぶら下がっています。
ベゴニアだけではない!フクシアなどの熱帯性植物のオンパレードである。こんな空間を3つ程通り抜けると休憩室に到着する。
みなさん、ここで暗くなるまでの間、お茶など飲みながら時間を潰されていますが、私はイルミネーション見物に備えて、たくさん着込んできた為に暑くてどうしょうもありません。いったんここを出ると再入館は不可とのことでしたが、満席で座る所もありませんので、外で時間がくるのを待ちます。
午後5時ちょうどにチャペルの鐘が鳴り、園内のイルミネーションやライトアップが一斉に開始されました。しかし事前に友人からの情報で、すぐに動くと人が一所に集中するので一寸待ってからの方が良いよ・・・と聞いていたし、まだ明るいことでもあり15分位してから動きだしました。
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
園内のいたるところでイルミネーションやライトアップが施されています。あれもこれもと撮っていて、ふと時計を見ると、午後6時30分まで残り40分位になっていて、あとは急いで廻ることになりました。
なばなの里・中央部にある大きな池面に設けられたイルミネーションが、時間と共に次々と色を変えて輝きます。
画面クリックで大きい画像(1280)を表示します↓ (パノラマ処理写真次男提供)
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
ベゴニアガーデン近くの橋の上からの眺めが最高です
次は「花ひろば」に設けられた光の回廊「華回廊」です。広い園内こ散らばっていた人達が一方通行で、ここに集まってきますので、大混雑です。
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
120万球による200メートルの光のトンネルが延々と続きます
終点が見えてきました 光の壁に沿って進むと
一面の青い海原のような向こうに赤・緑・ピンクなどのオーロラのような光が望めます
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
これが「あじさい・花しょうぶ園の敷地、27000u(約800坪)を天空と見立て、大自然が織り成す神秘な「オーロラ」を、特殊イルミネーションで表現したものとの事。
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
オーロラの全長は200メートルにおよび、刻々と色を変えていきます
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
この光景を高い所から眺められるようにと展望台が設けられています
画面クリックで大きい画像(1280)を表示します↑ (パノラマ処理写真次男提供) 
展望台を下りると「冬ほたる」という100メートル70万球のLEDが輝くトンネルが待ち受けています。ゆるやかに蛇行しながら続くトンネルは幽玄の世界へと導いてくれます。
画面クリックで大きい画像(1024×683)を表示します↓
この時はかなり空いてきて床面が見えるような状態です
再び池畔に出て帰りを急ぎます
出口付近にもこんなイルミネーションがありました。
いや〜〜、イルミネーションも凄かったですが、人出も凄いですので覚悟の上、暖かくしてお出かけください。
撮影 2009.12.21
  
なばなの里ウインターイルミネーション 詳しくはこちら

メニューへ戻る