城跡探訪・妙顕寺城

二条城の前の道路を挟んで東側に建つ「ANAクラウンプラザホテル」の南側にある小路を東進します。古い建物を左に見ながら、ホテルの植込み横を通りぬけると・・・・・
前方左側に、西福寺という寺が見えてきます。
そして電柱の少し手前に石碑が見えています。
「豊臣秀吉妙顕寺城跡」と刻まれた石碑と、案内板が2つ立っています。
大きな案内板の文面は表題の「閑院址」の文字は読み取れますが、肝心の解説文は所々の文字がいくつか読み取れるという状態で、解読不能です。



小さい方の案内板は文字がはっきりしていて完全に読み取れます。
解説板の内容を以下に転記します。


この付近は、豊臣秀吉の妙顕寺城の跡地である。妙顕寺とは、鎌倉後期、日像がはじめて京都に建立した日蓮宗寺院であり、たびたび場所は移ったが、戦国時代にはこの地にあった。天正11(1583)年9月。豊臣秀吉は寺を小川寺ノ内に移転させて、あとに二条新邸を構築し、天正14年聚楽第を造るまで、京都の政庁とした。建物の姿は詳しくはわからないが、周囲に堀をめぐらして天主をあげていたという。したがって屋敷というより城と呼ぶにふさわしいといえよう。平素は前田玄以が居住して京都の政務にあたり、秀吉が上洛すると、ここが宿舎となった。豊臣秀吉が次第に天下を握ってゆく間の、重要な政治的拠点であった。現在城跡はしのぶべくもないが、古城町という地名となって、よすがを伝えている。  京都市
大きな解説板の内容が気になり、もう少し先に歩を進め、すぐの四つ角で「?付近 閑院址」の石碑を見つけました。先程の読み取り不能の案内板は、この石碑に付随するもののようですが、何らかの理由で少し離れた所にあるようです。解説板の内容については、ネットで「文字が読み取れる」状態時の画像を見つけましたので以下に記します。

閑院址

 ここから北西にあたる西洞院通、押小路通、油小路通、二条通に囲まれた地域は、平安時代から鎌倉時代初期にかけて藤原氏の邸であったところである。当初は藤原冬嗣の邸であったが、11世紀初期に藤原公季が伝領してから「閑院」と称した。
 また高倉天皇の時代(1161~1181)大内裏が甚だしく荒廃したため閑院邸が里内裏(臨時に設けられる皇居)として利用され、次いで後鳥羽天皇もここで皇位を承継するなど朝廷の中心となった所でもある。
以来、後深草天皇に至る九代九十余年間里内裏になっていたが、正元元年(1259)5月に火災で焼失した。  京都市
妙顕寺城跡
所在地 京都市中京区押小路小川西入る
古城町
見学 自由
交通 京都市営地下鉄・二条城前駅から徒歩約5分
訪問日 2014年9月30日
メニューに戻る