見学!日本民家集落博物館(むかしのおうちのはくぶつかん)
戻る

博物館前にある建物壁面のタイル画
大阪府豊中市の服部緑地公園の一角に、北は岩手県「南部の曲家」から南は「奄美大島の高倉」まで12棟の民家が移築されている。いずれの民家も17〜19世紀(江戸時代)に建築され、昭和30年代まで人々が生活を営んでおられたそうである。各民家は、地方固有の風土・習慣から生まれた特色を色濃く残し、調和を図りながら生活を営んでいた人々の智恵が随所にうかがえます。
国指定重要有形民俗文化財

飛騨白川の合掌造民家

飛騨白川地方から移築したこの民家は、茅葺・切妻の大屋根が掌を合わせた形になっていることから合掌造りと呼ばれる。屋根は1階部分に固定されておらず、乗せてあるだけの柔構造で、強風に対して復元力がある。構造材は縄や「ネソ」と呼ばれる細い木で結びつけられている。1階は家族が住む場所で、2階以上は、養蚕の作業場として用いられた。
国指定重要文化財

摂津能勢の民家

大阪府の北端にある能勢(のせ)地方から、丹波・日本海にかけて、妻入り・入母屋造りの民家が分布している。この住宅はその民家の中でも最古のもので、江戸時代初期のものと推定されるそうだ。間取りは棟にそって2分され、片方は土間、もう片方は室となっている。家の規模は小さく、細く曲がった柱を一間ごとに立て、軒は低く、開口部は極めて少ないなど、古民家の特徴をよく示している。
国指定重要文化財

日向椎葉の民家

椎葉の民家は「竿屋造り」と呼ばれる並列間取りの部屋が、横一列に並んだ細長いつくりをしている。下手(向かって左側)から土間・茶の間・下座敷と部屋が並び、縁側に広く開口部を設けてある。家の背後は山腹に接し、窓の無い板壁にして湿気や落石を防いでいる。椎葉村はかって秘境といわれ、平家落人伝説が今でも伝えられているそうだ。
国指定重要文化財

信濃秋山の民家

長野県と新潟県の県境にある秋山郷は有数の豪雪地帯で、かっては陸の孤島ともいうべき山国の村であった。18世紀中頃の建築であるこの住宅は、越後中門造りという雪国特有の形をしており、茅壁が民家に独特の外観を与えている。内部は広間型の間取りで建具類がほとんど無く、床張りはせず、地面にムシロを敷いただけの土間住まいだったそうです。
大阪府指定有形文化財

大和十津川の民家

奈良県と和歌山県の県境にある十津川村は吉野紀伊山地のただなかにあり、山の斜面をけずって家が建てられました。この民家も部屋が横に細長く1列に並ぶ間取りになっています。
杉の産地だったため、うすくけずった杉皮や杉板が屋根に用いられています。台風がよく通過する地域で、雨も多く、軒にはウチオロシと呼ばれる板が張り付けられ、軒先を風雨から保護しています。
大阪府指定有形文化財

越前敦賀の民家

敦賀市の南部、湖北地方に近い地域に位置する杉箸という集落に、この民家は建てられていました。豪雪地帯なので雪の重みに耐えられるように、太い梁材が用いられ、外側の柱は土壁にぬりこめられて補強されています。
大阪府指定有形文化財

南部の曲家(なんぶのまがりや)

盛岡市の南西に位置する矢巾町に建てられていたこの曲家は、母屋とうまやをつなげてL字形にしたものです。現在の岩手県は江戸時代には南部藩と呼ばれ、良い馬の産地として有名で、馬を飼うための家として曲家が発達しました。母屋の土間にはイロリがあり、暖かい空気がうまやまで行き渡ると同時に、馬の様子をイロリに居ながらにして見ることが出来る利点があったからです。

大阪府指定文化財

奄美大島の高倉

奄美大島本島の西南、焼内湾の海岸沿いに位置する宇検村部連(うけんそんぶれん)集落に建てられていたこの高倉は、ツバキ科のイジュという木で柱が造られ、その堅さにより、ねずみが爪をかけて登ることができない、と言われている。約1.8mの高さの柱の上に四方に向かって床のように開いている壁は、竹を網代(あじろ)にくんでいるので、風通しが良く高温多湿な奄美大島の気候に耐え、米や干物などを良い状態で保存することが出来た。
大阪府指定民俗資料

小豆島の農村歌舞伎舞台

小豆島の北東部に位置する、小さな吉田集落の荒魂社(あらたましゃ)の境内に、社殿に向かい合って建っていた、間口5間・奥行3.5間の比較的小型の舞台です。開口部を大きくとるため、舞台の全面のみ瓦葺きになっています。舞台の建造は棟札によると安政6(1859)年正月吉日再建となっているそうです。
河内布施の長屋門

布施は中河内に属し、大阪市の東側に位置する。この地域は江戸時代、大和川の改修により新田開発が行われて発展した近郊農村地帯である。この長屋門は、江戸時代中期の建築である。
長屋門とは、農民では庄屋のみに許された格式ある門で、右側は共部屋、左側は土蔵となっている。
大阪堂島の米蔵

江戸時代の大阪は「天下の台所」と呼ばれ、全国の物産が集まり、堂島の米市場の相場は、全国の米の値段を左右した。堂島川沿いには諸侯の蔵屋敷が建ち並び、諸侯が年貢として徴収した米を大阪に回送し、販売したり金融をはかった。この米蔵は、もと堂島川に沿って建てられていたもので、瓦葺き、土蔵造りで、壁の厚さは約30cm、白漆喰で仕上げてある。
北河内の茶室

この茶室は、江戸時代後期に旧庭窪(現守口市)で建築され、嘉永4(1851)年に交野市私部(きさべ)の北田家に移され、昭和20年代に同市の原田家に再移築されたもの。
屋根は茅葺で一部が瓦葺きと銅版葺きとなっています。




撮影 2006年4月28日
 所在地 大阪府豊中市服部緑地1-2  TEL 06-6862-3137  FAX 06-6862-3147
開館時間 9:30〜17:00 (入館は16:30まで) 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日) 12/27〜1/4
入館料金 大人500円 高校生300円 小・中学生200円 幼児無料
 交 通 北大阪急行「緑地公園」駅下車 西口を出て約1q  地図

 

メニューへ戻る