城跡探訪・物集女(もずめ)

2014年8月29日

阪急電鉄京都線の洛西口駅に降り立った。京都に行く時には阪急京都線を時々使うが、いつの間にか桂駅の一つ手前に、こんな新駅が出来ていたとは、全く知りませんでした。もっとも京都に行くときに乗る特急の通過駅の存在は知るよしもなかったですが・・・・
洛西口駅から西に伸びる道路に沿って歩き 「御所街道」交差点を左に折れ、少し進むと
物集女城跡の標識に出会う、矢印に沿って進むと物集女公民館前に出る。
城跡が分からないので、公民館で道を尋ねようと思い、中に入ると・・・・・・
エントランスホールに「物集女城跡」の案内図や「地形模型」などが設けられていました。
ここで城跡への行き方を教わり、物集女城を考える会発行の「物集女氏と物集女城」というパンフレット(100円)を手に入れて、いよいよ物集女城跡へと向かいます。
公民館から城跡へは、途中に案内標識もあり、道に迷わずに到着。「ここは物集女城跡です」と書かれた案内板が立てられていますので、一目瞭然です。が城跡は個人の所有地のようで、畑や果樹林などとなっており、立入り禁止の立札があるため、残念ながら入城できません。


以下に案内板の内容を記します。
この場所には、室町時代から戦国時代にかけて物集女城という館がありました。目の前にのびる竹やぶは、館のまわりをかこんでいた土塁の東側部分です。南北41m、高いところで約3mの高さがあります。
左手の背の高いムクノ木のまわりは少し高くなっていて土塁の北西角にあたると考えられます。
竹やぶの手前、畑などに利用されている場所は、発掘調査がまだ行われていませんが、上の想像図にあるような屋敷や小屋がが建ち並び、当主が住む館の中心部分である主郭と考えられています。
竹やぶの向こう側には、水をたたえた堀があり、「城ノ池」と呼ばれ、田んぼに水を引く用水池として利用されてきました。この水は向日丘陵の中にある池から水路を通って流れ込むようになっています。
館の主は、今から約500年前の室町時代終わり頃から、乙訓の歴史に登場する国人(こくじん:地元の有力な武士)、物集女氏です。その頃、このあたりは嵯峨天龍寺の荘園であり、物集女氏は物集女荘の代官(年貢を納める責任者)をつとめました。また乙訓や西岡のリーダ-として活躍しました。
永禄11(1568)年、織田信長が京都にのぼり、乙訓・西岡にも進出してきます。信長勢が強まるなかで、当時の物集女城主、物集女忠重は最後まで抵抗しますが、ついに天正3(1575)年、信長から支配をまかされていた細川藤孝の居城・勝龍寺城下で忠重は討ち取られ、物集女氏は乙訓の歴史から姿を消しました。物集女城もこの時、物集女氏と運命を共にしたようです。
物集女城跡は、その後も長く集落のなかで、城跡として維持され続けてきました。京都をとりまく地域の歴史を、現在の景観のなかにたどることができる、貴重な場所となっています。
物集女城跡
所在地 京都府向日市物集町中条
交通 阪急京都線・洛西口駅下車
徒歩約15分

メニューに戻る