ハスバスで巡る もりやま紀行

メニューに戻る

2005年7月24日

JR守山駅西口を下りた所で「ハスパス」を購入
(1000円)。一寸高いと思ったが、さまざまな特
典がある(後述)ので、納得できる。
このハスバスは「近江妙蓮」の開花に合わせて
滋賀県守山市観光協会が例年走らせているも
ので、2005年は7/23・7/24・7/30・7/31・8/6・
8/7の6日間のみの運行であり、12の主なポイ
ントを自由に乗り降りできる。

詳しくはこちら→守山市駅前総合案内所
JR守山駅→草津水生公園みずの森
「草津水生公園みずの森」に到着。
入園料300円のところ「ハスパス」を見せると
250円に割引される。

まず最初に、隣接する琵琶湖での約11haにお
よぶハスの群生地に向かう。
湖面いっぱいに広がるハス
近江富士(三上山)をバックに咲くハスの花。
園内に戻り、他の水生植物を見てまわる。

ここには500種類を超える、ハス・スイレンをは
じめ、他では見ることのできない、様々な水生
植物が栽培されている、全国でも非常に珍しい
植物園です。

アーカンシェル
この時期には数多くの珍しいスイレンが咲き誇
る。
小さな池や水槽で育てられているので、ほん近
くで花を観賞できます。
草津水生公園みずの森→第一なぎさ公園
対岸の比良山系の山が一望できる地にある公
園。約4000uの園内に約12000本のヒマワリが
植えられている。
時期的にまだ少し早い感じで、見頃はもう少し
先になると思われる。
第一なぎさ公園→ラフォーレ琵琶湖
ラフォーレ琵琶湖


窓いっぱいに広がる雄大な琵琶湖を眺めなが
ら12階のレストランで昼食をとる。

ここで指定のランチ又はコースメニューの注文
の際に「ハスパス」を見せると、グラスジュース・
グラスワイン・グラスビールのいずれかのサー
ビスが受けられる。(前述の納得の要因)
ラフォーレ琵琶湖→近江妙蓮公園
近江妙蓮公園

西日本では、ここでしか見られない珍しい蓮花
が咲き誇るところ。約300本の妙蓮が咲く大日
池と近江妙蓮は滋賀県天然記念物に指定され
ています。

入園料200円のところ「ハスパス」割引で150円
に、さらに65歳以上100円のところパス割引で
50円となる。
この蕾みを見るかぎり、普通の蓮花に見えます
しかし、ここからが妙なハス花となっていきます

150枚前後ある外側の花弁を順次散らせると、
その後は2〜数個もの花(花弁群)となります。

妙蓮は1本の花柄に付いた1つの花が幾つもの
花弁群に分かれて多数の花が咲いたように見
えるハスで、多頭蓮と言われており1茎に2個
から12個の花をつけるそうです。
二頭花

妙蓮は、この地に室町時代の初期から咲き続
けてきたそうだ。
三頭花

妙蓮の特徴はオシベ・メシベが全てはなびら
に変わり、そのはなびらの枚数は3000枚か
ら5000枚にも達するそうだ。
四頭花

以上の珍妙なる蓮花は、今から千年余年の昔
インドから中国へ、中国から日本のこの地へと
伝わったもので、天台宗の僧・慈覚大師によっ
て中国から持ち帰られたものと伝えられている


あまりきれいではないが、一見に値する蓮の花
である。
近江妙蓮公園→JR守山駅 −−−−−− 終 −−−−−−

メニューに戻る