万博公園:森の舞台

自然文化園の西北にある「森の舞台」。直径42mの円形舞台には大小12個の石(くらま石)が据えられていて、それぞれ十二支の動物を表している。真北から右回りに子・丑・寅・・・・・・となっていて、花道・回廊・控え間・けいこ台もあり、三角山は観覧席というイメージだそうです。普段はあまり人が訪れない所ですが、秋の彼岸頃に舞台周辺は赤や白の彼岸花で彩られます。
花道 控え間
 
けいこ台 観覧席(三角山)
 
この舞台上の動物をイメージした石が、どの程度それらしく見えるのか、又それらしく見えるポイントがあるのかを検証してみました。
ずみ)

小振りの石で、右側がねずみの頭のようにも見えます。
うし

舞台の中心から見た時は、とても牛には見えませんでしたが、反対側から見ると左向きのバファローという感じです。
とら

猛獣の頭に見えますが、どちらかというとライオンの頭って感じがしますが・・・・・
さぎ)

形が似ているし、右端はうさぎの顔のように見えます。
たつ

360度ぐるっと回ってみたが龍にはみえない。まあ石が立っているから「たつ」でいいか・・・・


右下に2つに蛇の頭のようなものが見えます。盛り上がった所はとぐろを巻いている部分?
うま

一寸くるしいが、背中に人がまたがれる凹みがあり、この辺の感じは馬かな?
ひつじ

全体的には小鳥に見えますが、右側がひつじの頭かな?
さる

これは完璧に横を向いた猿です。
とり

う〜ん、とりの口ばしかな?
いぬ

雰囲気的に犬が何かにじゃれている姿に見えます。
のしし)

いのししが寝そべっている感じですかね?
こんなふうに、自分でその動物に見えるポイントをさがしてみるのも一興かもしれません。




森の舞台は中央ゲートから中津道を通って「あじさいの森」に着く少し手前・左側にあります。
 
撮影 2006.12.18 

メニューに戻る