散策!門司港レトロ地区

2009年7月15日

新幹線の小倉駅から観光バスで「門司港レトロ地区」へとやってきました。
最初の見学ポイントがこの「九州鉄道記念館」である。
中央ゲートをくぐると「SL・59634号」が出迎えてくれ、その後ろには「C59 1号」・「機関車・EF 35号」その後ろには○○○○○と合計8台の車両が展示されています(入館料 大人300円・中学生以下150円 /  09:00〜17:00)。

ここを見学した後は、個人でレトロ地区を散策してくださいとの添乗員さんの話がありましたが、集合時間まで1時間弱しかありませんので早々に、ここを引きあげ、急に降り出した大雨の中「レトロ地区」の散策に向います。




地図をたよりに最初に出会ったのが、下の建物である。
NTT 門司営業所 ↓
旧門司郵便局電話課

大正13(1924)年築、逓信賞の技師・山田守氏の設計による鉄筋コンクリート造3階建、丸みを待たせたコーナー部と、縦の線を強調したデザインや、玄関廻りの石の造形などが特徴で、門司初のモダニズム建築。当時あこがれの職業だった電話交換手は300名近くまで達したそうである。
北九州市立国際友好記念図書館 ↓
この建物は中国の大連市と北九州市の友好都市締結15周年を記念して、両市の文学的・歴史的に意義のあるシンボルとなるように、大連市にある歴史的建造物を、文献資料や実測調査を基に建設当時に近い形で複製した建物だそうです。モデルとなった建物は1902年に東清鉄道汽船会社の事務所として建設されたそうである。

それにしても、この建物の中央・屋根の部分は、頑固おやじが拳を振り上げて、こら!〜〜 と怒鳴っている顔に見えます。
 旧門司税関 ↓
この建物は明治45(1912)年に門司税関庁舎として建設された赤レンガ造りの木骨構造で、ルネサンス様式の美を追求した極めて優れた建築物であり、しかも明治・大正・昭和の門司港の変遷を見守ってきたシンボル的存在であったことから、北九州市が取得し、市民が憩える場所として平成6(1994)年に修復されたものだそうです。
北九州市 旧大阪商船門司支店 ↓
この建物は、旧大阪商船の門司支店として大正6(1917)年に、河合幾次氏の設計にり建設された木造2階建て(一部レンガ型枠コンクリート造)で、鮮やかなオレンジ色のレンガタイルに白石を配した外壁や八角形の塔屋などが特徴の建物である。(国指定重要文化財)

当時、一階は船の待合室、二階には事務所のほかに電話交換室などがあったそうで、八角形の塔屋は灯台の役目を担っていたそうです。

現在、1階は海峡ロマンホール、2階はさまざまなギャラリーとなっています。(1階は無料ですが2階のギャラリーは有料のものもあります)
旧門司三井倶楽部 ↓
この建物は大正10(1921)年に、松田昌平氏の設計により建設されたく国指定重要文化財の建物。ハーフテンバー形式の2階建で、裏に平屋造りの和館が付属する、旧三井物産の接客・宿泊施設として建設されました。翌年にはアインシュタイン夫妻が宿泊されたそうで、その部屋がメモリアルルームとして保存されています。(入館 大人100円 小中学生50円 営業時間09:00〜17:00 無休)
旧門司三井倶楽部の裏側↑
門司港駅舎 ↓
門司港駅舎 大正3(1914)年に鉄道院九州鉄道管理局の設計により建設された、国指定重要文化財の建物。ただ保存されているだけではなく、現在も駅舎として機能していることに驚く。最近、JRの駅舎建て替えが目立つようになった。百貨店やホテルを併設した、どこが駅舎か分からない馬鹿でかい建物がどんどん増えている中で、こんな駅舎をみると、なにか”ほっ!”とします。JRさんも今後「これが駅舎だ!」といえるような個性ある駅舎の建設を願いたいものです。
門司港駅舎の構内 ↑

メニューへ戻る