堺市・水賀池のツツジ

2012年5月4日

泉北高速鉄道(南海電鉄難波駅から和泉中央行)にて堺市の深井駅に降り立った。なんでも、この駅の近くにある水賀池(みずがいけ)の堤防に咲くツツジが素晴らしいと聞きつけ訪れました。駅から徒歩約2分で公園入口に到着する。
遊具広場の右奥階段を上がると
球技用グラウンドに出る
そのグランドの北側には大きな池(外周約800m)があり、これらを含めて水賀池公園と呼ばれています。ここには、白5千株・赤1万株・ピンク1万株の計約2万5千株のヒラドツツジが植えられていて、毎年4月下旬〜5月上旬にかけて見頃を迎えるそうです。
池の西側 奥に泉北高速鉄道の高架橋が見える
北西部には若木の混植コーナがある この品種が美しい
池の北西部・この辺りは傾斜がゆるく芝生もあってお弁当を広げるのには最適
浅香山のツツジと違い、ここでは堤防の斜面に植えられたつつじの間を縫って歩くことが出来るよう、人一人がやっと通れる位の細い通路が数多く設けられています。そんな通路を通りぬけると・・・・・・
こんな所に出ました 解説文(抜粋)によりますと

水賀池記念碑

 当深井地区は和泉地方において、弥生時代既に発展の基盤を持っていたと推察される。
 史書によると六・七世紀頃、律令国家の行政区画の上で、深井郷と称し、中世においては深井荘という大きな荘園であった。
 水賀池の築造時期は明らかではないが、堺市史によると家原寺に生まれた僧行基の数多い土木事業の一つとして和泉国深井郷薦江池が掲げられている。
 このことから、七世紀後半から八世紀頃にかけて現在の規模の用水路が完成したものと考えられる。
 我々の祖先は、干ばつ時は堤防上に雨乞いを行い、大雨時は村民総出で堤を守り、今日の郷土繁栄の基礎を固めてきた。
 最近に至り、当地区は都市計画公園の決定をうけ、区画整理事業上。池は堺市に前面買収されることとなった。
 ここに関係者相寄り、長く祖先の苦労を讃え、深井地区の発展を祈念して水賀池記念碑を建立する。 昭和五十五年十一月吉日
水賀池(電車内より撮影)
北側堤防
僅かな隙間が人の通れる道です
東側堤防上の散策路(右側が池)
東側堤防・外側からの眺めが素晴らしい
水賀池のツツジ
所在地 大阪府堺市深井水池町
TEL 072-276-6818(原池公園事務所)
交通 泉北高速鉄道・深井駅から徒歩2分
駐車場 なし
見物 無料 時間自由
トイレ グラウンド側に有

メニューに戻る