京都:美山かやぶきの里・北村


2010年10月22日、女房が以前から行ってみたいと云っていた「美山茅葺の里」を訪れる
バスツアーに参加しました。亀岡のコスモス園などを回り夕刻の3時30分頃に辿り着いた。
駐車場の横には茅葺屋根の土産店(手前)と、お食事処があり、その奥に集落が広がる。
写真が小さいので、奥の集落部分を二分して表示します。(こちらが西側)
こちらが集落の東側。
この山村は、地理的には昔の丹波国に属しますが、京都と若狭小浜との中間に位置するため、建築や生活文化には、いろいろな地域の影響が見られるそうです。北村の現在の茅葺家屋は寛政8(1796)年建築のものが最古で、19世紀中頃迄の建物が18戸と江戸時代に建てられたものが多く、北山型民家に分類される特徴をよく伝えているとの事。
北山型民家の伝統的な様式は、茅葺屋根で入母屋造、周囲に下屋を巡らし、棟をほぼ東西に揃えており、棟飾りの千木や破風の意匠にも特徴がみられます。この破風(入母屋造りの妻側にある三角形の部分)には穴を開けたりスロットを設けるなどして、換気口の役目を担わしていますが、この部分を家紋の透かし彫りとしている家屋が多くみられます。
北村は現在50戸の集落で、その内、住宅が32棟(うち4棟は鉄板被い)、民俗資料館や店舗など6棟の計38棟が茅葺屋根の建物で、集落での茅葺建築数は岐阜県白川村萩町、福島県下郷町大内宿に次いで全国第3位、その他の伝統的技法による建築物群を含めた歴史的景観の保存度への評価も高く、平成5年に国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けたそうです。
昔から山稼ぎが暮らしの中心だった村でしたので、建材はほとんど周りの山から調達するのがあたり前のこと。自分達の手で守り育てた自然の恵みをいただいて建てた家に住み、まわりの田畑山野から四季も恵みを受けて囲暖炉を囲む。かってはごく当たり前だったそのような暮らしを、いったんは失いかけていましたが、いま再び新しい形で取り戻しつつあるのが、北村の現況だそうです。
訪問日 2010年10月22日
美山かやぶきの里・北村  所在地:京都府南丹市美山町北村  地図

メニューに戻る