城跡探訪・三宅城

蔵垣内(くらかきうち)は茨木市の南西部に位置し、横を走るJR京都線から西は吹田市、南に少し下ると摂津市という位置にあります。これといった遺構は残っていませんが、まだ田圃が残る住宅地の中にある児童公園(蔵垣内公園)の隅っこに三宅城跡の石碑と解説板がたっています。

解説板の内容を下に転記します。
三宅城は、丑虎二丁目・蔵垣内三丁目におよぶ小字「城之内」のあたりで、永正1(1504))年に三宅出羽守国政が築き、永正から大永・享禄・天文・弘冶を経て、永禄五(1562)年までの58年間続いたとされています。
三宅氏の系図を見ると、右京守政明・伊賀守清明・出羽守国政・美濃守国広・出羽守國村の名前があげられています。
その頃の城の範囲は、ほぼ東西596メートル・南北540メートルと推定されており、このなかのやや高まった場所に本丸があったといわれ、かなり立派なものだったと思われますが、くわしくは、わかっていません。
しかし小字名に「堀田」「蓮池」「大名寺池」と呼ばれる地名などがあり、この城のことを知る手がかりになっています。
三宅城跡
所在地 茨木市蔵垣内3丁目
交通 JR京都線千里丘駅から
徒歩約15分
帰り道、左上の地図でいうと、阪急京都線と茨木市・摂津市の境界線が交わる辺りで別の石碑を発見しました。こちらは石柱碑ではなく自然石に「三宅城址」と刻まれています。左側の四角い石の上には金属プレートに上記解説とは少し異なる文章が刻まれていましたので下に転記します。
戦国時代、この付近に三宅出羽之守国政が永正1(1504)年に築いた「三宅城」がありました。
天文16(1547)年、時の官領職細川晴元は総勢力を投入し、2月25日に三宅城を包囲しました。戦況不利とみた三宅国村は、3月晦日に降伏し、城を明け渡しました。
その頃の城の広さは、東西576メートル・南北540メートルで、この中の小高い所に南北270メートル・東西180メートルの本丸があったと推定されております。また中世の城で重要な防御施設である逆茂木を設置、大手・二の木戸を構えていたことが文献に記されています。
その後。香西元成が城主となりましたが、三好長慶との争いに敗れ、三宅城は永禄5(1562)年に消滅してしまいました。
城跡探訪・三宅城跡 終

メニューに戻る