箕面大滝から勝尾寺

2009年11月16日

箕面公園の紅葉が見頃となったとの情報を得て訪れました。
阪急電鉄・箕面駅から滝までは距離にして約2.6km、徒歩で約50分の道のりである。
駅前から土産屋が並ぶ商店街のよう所を通ってきたが、ここが「明治の森箕面国定公園」の入口のようである。
流れに沿って進むと、やがて赤い欄干の瑞雲橋
が見えてきます。ここが瀧安寺(りゅうあんじ)という寺であり、この橋は川と道路によって分断された寺の境内をつないでいます。



↓瀧安寺観音堂の紅葉
所々で現れる紅葉を眺めながら 昼なお暗き滝道を進みますと
 
箕面大滝を望める滝見橋に到着です
(2012年11月25日 追加)
道中では、あまり綺麗な紅葉が見られなかったので、勝尾寺まで足を延ばそうと思い、滝道から上方にのびる坂道を上り車道に出ます。ふと山肌を見るとなんと!赤・橙・黄・緑の錦のような光景が広がっていました。
綺麗な紅葉を見ながら、車道に沿って勝尾寺方向に歩きます。
勝尾寺まで3kmの表示板に出会いました。箕面駅からここまで5km歩いたことになります。
こんな景色を見ながらならば、いくらでも歩けるぞ!・・・・と思いながら歩を進めます。
次々現れる素晴らしい紅葉群は目をみはるばかりです。箕面を訪れたなら滝で引き返さず、ぜひこの道を歩いてほしいものです。
 
滝から1.4km地点の「箕面ビジターセンター」に到着です。↓ここは綺麗な紅葉林の下などにベンチが設けられていて、ちょっとした休憩にもってこいです。ここから勝尾寺まではあと2kmです。
しかし残念ながら、ここから先、勝尾寺までの間で紅葉群を目することはありませんでした。モミジの木が無いのか、紅葉の時期が終わったのか、これからなのかは、はっきり分かりませんが、勝尾寺まで行かなくても・・・・いう人は「箕面ビジターセンター」で引き返すと良いでしょう。
そろそろかな・・・・と思った辺りから急に紅葉が見られるようになりました。勝尾寺は以前に一度だけ訪れたことがあるのですが、なんだか大きな建物が見えてきたりして、雰囲気が全然ちがいます。
以前は道路のすぐそばに本堂があって、周りにはダルマが所狭しと沢山置かれていたと記憶していますが、今はRC造りの「花の茶屋」という土産物売場と食堂・喫茶を併設した建物が道路に面して建てられ、ここを通過しないとい境内に出入できない仕組みになっています。
前庭には大きな池が設けられ、周りには紅葉植物のオタフクナンテンやドウダンツツジが植えられていてモミジの紅葉と相まって真っ赤である。おまけに池に設けられた石橋の手前に建つ山門も真っ赤だ。
池端のオタフクナンテン
 
山門
 
山門をくぐり石橋を渡ると前方上方左には多宝塔、右上方には浄土宗開祖の法然上人が4年間住み、修行した建物「二階堂」が望めます。
 
紅葉のトンネルをくぐり階段を上りますと
 
多宝塔が見えてきます
 
多宝塔を望む広場
 
灯篭にはダルマが多数置かれている
 
鐘楼横の土塀の瓦にも・・・・
 
ダルマの顔が一体一体違っていて面白い
 
二階堂に続く坂道
 
順路の矢印に従って進んでいくと境内を一通り巡って池の畔に戻り着きます。
撮影 2009年11月16日
勝尾寺へのアクセスなどは寺のHPを御覧下さい

メニューに戻る