城跡探訪・耳原城

耳原城(砦)について「わがまち茨木・城郭編」に次のような記述がある。

現在、耳原城跡の場所は明らかでないが、古記録をまず紹介しておこう。

○東摂城址図誌−−明治時代に発行・東城兎幾雄編
  耳原砦址−−在島下群耳原村字城内
  此砦ヲ耳原ノ塁ト称ス
  天正年中明智日向守光秀ノ築所ト云フ
  方今竹林ト成テ三方ニ堀ノ形ヲ今猶存ス

○耳原村誌−−明治12年11月発行
 砦城古址−−本村の中央竹林の内にあり、(中略)方今三方に堀の跡存す。

○摂陽群談
 武城旧記に云く。天正年中明智日向守在城以後織田辰之助皆原に在城とあり。
 耳原世俗皆原と称す。

 なお、大阪府全志、摂津誌にも同趣旨が記されている。要するに天正年中(1575年)頃に明智光秀が耳原の中央で築いた塁である。その後、織田辰之助が居ったというが定かではない。今は竹薮となり、まわりには堀の跡が残っているというが、現在ではその場所すら明らかでない。
2014年12月9日

摂津福井城からの帰り道、茨木川の下流・耳原方向に、小高い山?が目に入りました。上記「わがまち茨木・城郭編」で「耳原(みのはら)城の場所は明らかでない・・・」と記されていたことを思い出し、あの小高い所がそうではないかと思い、足を延ばしてみました。堤防上が通路になっていましたので左側の堤防上を行ったのが大間違いで、勝尾寺川との合流点に突き当たり、橋を探してかなり遠回りの末、やっと山のふもとに着きました。
この山は幣久良(てくら)山と呼ばれているそうですが、頂上に通じていると思われる歩道が設けられていましたので、すぐさま上り始めます。ひょっとすると、この山の頂上に城跡の痕跡があるかも知れない・・・・と思いながら上っていきますと・・・
頂上らしきところに大きな石碑が立っています。近づいてみましたが、何が書かれているのか、さっぱり分かりません。少し下にもう一つ石碑がありましたので、そちらに向かいますと「大正天皇駐○所」の文字が彫られていて、目的のものではありません。
山を下りてから、ここが大きな池を持つ「耳原公園」であることを知りました。
一般的に城跡の使い道としては学校や公園が多いですので、この池はひょっとすると城の堀だったのではないかと思ったりしていると、池の反対側になにやら看板が立つのを見つけました。城跡の解説板ではないかと思い、池をぐるっと回って駆けつけましたが、単なる公園内での注意事項が記されているだけです。どうやらここは耳原城跡ではなかったようですので、いったん撤退です。帰宅してから分かったのですが、耳原公園が「耳原城跡」である、と云われていた時代があったそうですが、何か決定的な事項が判明したらしくて取り下げられたようです。
年度が替わり
2015年1月14日

耳原城跡を探すため、本日は自転車で、再び「耳原公園」にやってきました。公園の駐車場に自転車を置いて、あとは西国街道を東方向に歩いてみるつもりです。

前回は気が付きませんでしたが、公園地図によると、入口を入ったすぐの所に「糖塚」との記載があり、その場所に行ってみました。
糖 塚 跡
糖塚は、耳原の西北で北中学校の西南の隣接地であると古記録にもとりあげられている。

○摂陽群談--耳原村の西にあり。天正年中明智日向守此の地を穿ち糖株等を埋めしめ、軍用とするの古墳たり。是を以って時の人糖塚というの所伝なり。
○大阪府全志--天正1年(1573)8月28日 和田伊賀守・茨木佐渡守等は足利義昭の命を奉じて糖塚に陣し、郡山に陣せる信長の武将荒木信濃守村重・池田筑後守輝政と白井河原で戦う。
耳原公園の駐車場から南下し、西国街道に出て東方向に歩きます。少し行った所の茨木川に架かる「幣久良橋」の北側でこんな案内板が目に留まりました。
「白井河原合戦場跡」と大きな文字で記されたあと赤字で「説明板は、この裏にあります」・茨木市教育委員会。との記述で「なんと分かりにくいところに歴史的な解説板を設けたものだ・・・・」と思いながら裏手に回ります。
白井河原合戦跡

この茨木川をはさんで付近一帯を「白井河原」といい、茨木・伊丹両氏と、池田氏とが歴史上の合戦をしたところです。(中略)主君を失った和田・茨木の郎党たちは「主を討たせてどうして生き残れようか」と切って出て討ち死にしたので、「白井河原は名のみにして、唐紅いの流れとなる」ほど赤い血に染まったそうです。

←画像クリックで大きい画面が開きます
西国街道沿いの「安養寺」前に、堀状の短い水路がある。
さらに街道を東に進んだところにある「法華寺」の境内で重要な石碑を発見しました。
上の「建立由来」によりますと、慶長九年(1604)正月十日中市兵衛本願人となり、耳原塁の一角に一宇を創建(中略)中氏の苗跡は近世天保年中に亡滅し基跡方は当山の裏方に位置す。
この記述では、この寺の裏方に耳原塁(城)があったと述べています。
法華寺の裏手を見てみると、かなり高い土地と接しています。(現在は帝人さんの所有地となっています)道路脇には(堀跡とも思える幅の広い)水路があり、私には、この高台上の敷地が耳原城(塁)跡ではないかと思えるのですが・・・・・・
法華寺
所在地 大阪府茨木市耳原3-5
交通 阪急バス耳原下車西へ200メートル
                      法華寺の裏は「帝人大阪研究センター」の駐車場のようです。
メニューに戻る