城跡探訪・水口岡山城 


水口岡山城は水口市街地の北側に位置する古城山(標高282m)という独立丘陵上に築かれた平山城です。
水口岡山城縄張図 


(甲賀市教育委員会・歴史文化財課発行のパンフレットより転載)
大手口(地図の左下・緑色の四角部) 大岡寺の前からは左手に進むと・・・
登城口(右側)・左側に無料駐車場がある 少し進んだところに解説板と城跡碑がある
以下に解説板の内容を転記します。

水口岡山城跡

 水口岡山城跡は天正十三(1585)年に、豊臣秀吉の家臣、中村一氏が大岡山(古城山)に築いた山城跡である。

 城は、豊臣政権の地域支配の拠点として、東海道を見下ろす要衝の地に築城され、水口城と呼ばれていた。慶長五(1600)年の関ヶ原の合戦の後、当時の城主、長束正家が西軍側に同調したため廃城となり、その後は、徳川政権による直轄支配が始まった。寛永十一(1634)年、将軍家の宿館として新たに築かれた水口城には、この城の石垣が転用されたとされている。

 麓から100m高い山頂には、江戸時代の絵図に「天守」と記された広い平坦地である曲輪や櫓台、堀切が連続して配置され、山腹には竪堀や帯曲輪、虎口(出入り口)などの遺構が今も地形に良く残っている。北側斜面の一部に残る石垣は、安土城跡と並ぶ貴重な高石垣で、城の勇壮さを伝えている。また、出土瓦には高島市の大溝城と同じ文様の軒瓦があり、築城時に大溝城から建築部材が搬入されたことを示している。

 建築時期や歴代城主が明らかなこの城跡は、滋賀県における代表例であり、築城から廃城までの15年の盛衰は、盛んに城が築かれた甲賀の戦国時代の終わりと、徳川政権による新たな時代の幕開けを如実に示している。市内に数ある城跡の中、甲賀の歴史が大きく転換した様相を最もよく伝えているのが水口岡山城跡である。

 
菅健次郎氏顕彰碑の標識がある所から山中に 曲輪跡の児童公園を通り過ぎると
稲荷神社がある曲輪跡に出る 少し先の本丸跡の標識に従って急な坂道を上ります
本丸南側の食い違い虎口 本丸東側の石垣
やっと到着です
山頂には標高282.9mの測量三角点がある
本丸東側の天守跡地 山頂の本丸跡には小さな祠があり
休憩所などもあってけっこう広い 本丸西側の櫓跡(天守跡との見方もある)
この辺りからの見晴しはバツグンです↑


下界の水口城跡の資料館も望めます→
北西側の石垣 北側遊歩道は通行止めとなっている
二の丸跡 三の丸跡
水口岡山城跡
所在地 滋賀県甲賀市水口町水口
最寄駅 近江鉄道「水口石橋」駅 又は「水口」駅
問合せ 甲賀市教育委員会
TEL 0748-86-8026
三の丸跡の東端下に「出丸跡」が望める
メニューに戻る