城跡探訪・水口城

近江鉄道・水口城南駅から少し進むと、鬱蒼とした木々に覆われた公園が見えてくる。
 
公園内に設置された解説板によりますと

 水口城は寛永十一年(1634) 徳川三代将軍家光が上洛するのに伴い、宿館として築城された。工事は小堀遠州ら作事奉行のもと、幕府直営で行われた。 構造は平城で、堀に囲まれた本丸と、その北側の「二の丸」からなる。本丸はほぼ正方形で東に出丸をもち、御殿と四隅に櫓を配する。「二の丸」には管理・警護施設が設けられた。 本丸殿舎の建物構成は二条城に類似し、数寄をこらしたものといわれている。 堀には注水抗はなく、今も水がかれることがないことなどから、別名碧水城と呼ばれている。 家光上洛後は番城として幕府の管理下に置かれ、天和二年(1682)に加藤氏が入封して水口藩が成立し、その居城となる。なお、本丸殿舎は正徳年間(1711~16)に撤去されたようである。
水口城平面図(寛永11年築城時) 現在の状態
 
橋の袂から 銃眼が並ぶ白壁
 
水口城資料館
 明治維新後、水口城は廃城となり公売に付され、建物や石垣の大半が処分されました。また旧本丸は学校敷地となり運動場として利用されてきました。
 昭和47年(1972)、将軍家宿館遺跡としての価値が評価され、滋賀県の史跡に指定されたのを機会に、郷土のシンボルとして保存整備への関心が高まり、本館は水口城の資料を展観する施設として、平成3年(1991)11月に開館しました。その姿は往時の櫓を模したものだそうです。
 
資料館内部には本丸御殿の模型などがある
 
資料館前の広場 大手御門(復元)
 
本丸御殿があった所は運動場に・・・ 運動場の東側に残る石積
 
普段は本丸御殿跡(高等学校の運動場)には入れないと思いますが、この日は女子野球の試合が行われており、応援などでの立入が自由でしたので、ラッキーでした。
 
乾櫓の石垣 水をたたえた堀も全て残っています
 
水口城資料館
所在地 滋賀県甲賀市水口町本丸
開館時間 10:00~17:00
休館日 木曜日・金曜日・年末年始
入館料 大人100円・小中学生50円
アクセス JR草津線「貴生川」駅で近江鉄道に乗換、「水口城南」駅下車、北へ徒歩約3分
メニューに戻る