大阪:御堂筋のイチョウ並木

御堂筋は左地図の真中、JR大阪駅前から淀屋橋・本町・心斎橋を経て南海難波駅前に至る全長約4km・幅員約44m・6車線という大阪を代表する幹線道路である。
そもそも、ここには以前から6m位の道路が存在したそうですが、明治7(1874)年、北に国鉄大阪駅、明治18(1885)年、南に南海難波駅ができると、南北に走る幹線道路の必要性が生じ、大正10(1921)年、当時の市長・関一(せき はじめ)氏により、地下鉄建設と同時に御堂筋の拡幅工事を行うという計画が発表され、1930(昭和5)年に工事が開始されました。
手掘りだった事と地盤が軟弱だっため7年の月日を費やし、1937(昭和12)年に御堂筋は完成しました。
昭和15(1940)年頃の御堂筋・梅田新道付近
(奥に阪急百貨店が望める)
阪急百貨店は現在こんな姿になってしまいましたが その前から御堂筋が始まります
大阪駅前第4ビルの宝くじ売場前 日本銀行大阪支店旧館
梅田から淀屋橋交差点までは橋があったりして一部幅員が狭くなる所もありますが、ここ淀屋橋交差点からは4車線+2緩速車線+2歩道の道路が南に向かって真直ぐに伸びています。完成時は2車線+1緩速車線の対面交通でしたが、大阪万博開催を機に梅田新道以南が南行き一方通行となりました。そして、この道路の特徴は本車線と緩速車線の間にイチョウの木が列植された緑地帯が存在することです。イチョウの列は両側の歩道の分を含めて4列となり、晩秋のイチョウが色付く頃にはすばらしい景観を呈します。
本車線 緩速車線
そして、この御堂筋の歩道の所々に彫刻作品が多数展示されています。

左側の作品は十和田湖畔で見たものとよく似ていますが、高村光太郎氏の作品「みちのく」です。

右側はオーギュスト・ロダン氏の作品で、やはり何かを「考える人」のようです。
どこまでも続くイチョウ並木 赤と黄
こんなイチョウ並木が約4キロメートルも続きます
緩速車線は道幅が狭いため、所々でイチョウのトンネルが現れる
前方にレトロな雰囲気の南海ビルディングが見えてきます。御堂筋はここが終着点です。このビルは「大阪レトロ」でも紹介していますが、昭和8(1933)年に建設された、駅舎&百貨店の機能を持ったビルでしたが、現在は駅舎を後退させ、高島屋百貨店のみのビルとなっています。
御堂筋の魅力はこれだけではありません
2008年から始まった「イチョウ並木のイルミネーション」です
淀屋橋から本町までの約1kmにわたり、イチョウ並木がLEDで輝きます
(2010年は11月26日〜翌年1月16日迄でした)

メニューに戻る