震災の惨状を後世に伝え継ぐ・・・
神戸港震災メモリアルパーク
 
神戸・元町駅からメリケンロードを南下すると10分程でメリケンパークに到着する。

ここから。もう少し進むと左下のような施設が見えてきます。

ここが「神戸港震災メモリアルパーク」です。
神戸港震災メモリアルパーク

平成7(1995)年1月17日午前5時46分、明石海峡付近を震源とする兵庫県南部地震が発生し、死傷者数40071人被害棟数247486棟、被災世帯数444900といy未曾有鵜の被害を受けました(平成8年12月現在)。この神戸港震災メモリアルパークは、メリケン波止場の一部を被災したままの状態で保存するとともに、神戸港の被災状況やその復興の過程を中心に大震災の教訓と港の重要性、さらに国内外の多くの人が一体となって港の復旧、復興に勤めた様子を後世に伝えることを目的としてつくられました。
この壁の裏側にはVTRや写真パネルを用いて、メリケン波止場の変遷や被害状況、波止場の保存に関する事項などが解説されていて、一寸休憩という人のためにベンチなども設けられています。
兵庫県南部地震で神戸港の約116kmに及ぶ水際線が被害を受け、一部は壊滅した、港湾施設では、大型岸壁239バースと合わせて23kmある物楊場の大部分が被災し、背後に立地する上屋、野積場、民間倉庫なども使用不可能になり、特に外国貿易貨物の約7割を取り扱っていた21のコンテナターミナルは大きな被害を受け、全て使用不能となったそうです。
ハーバーハイウェイ 六甲アイランドコンテナバース
そして、これらの施設の東側には実際に被害を受けたメリケンパークの岸壁が、当時の状況そのままに保存・展示されています。
神戸港震災メモリアルパーク
所在地 神戸市中央区波止場町2-2
  メリケンパーク東端
交通 元町駅から南へ
        徒歩約10分
見学 自由

メニューに戻る