冥応寺(茨木弁天)のサツキ

2015年5月26日

「茨木の弁天さん」の名で親しまれている冥応寺は、「春の桜」や「夏の花火」でよく知られていますが、この時期は、どうなっているのかと偵察に訪れました。
JR茨木駅付近から歩くこと約20分で参道の入口に到着します。
春に咲いていた桜は、今は緑一色ですが、わずかですが「サツキ」の赤が目立ちます。

参道の坂道を上っていきますと、道の両側には、まだ背丈は小さいですが、紫陽花が沢山植えられています。苗木を植えてから、あまり年月が経っていないようで、立派な株ではありませんが、すでに早咲種である、「ヒチダンカ」と「カシワバアジサイ」が咲き出していました。
ヒチダンカ カシワバアジサイ
やがて、赤い欄干と水子供養塔が望める所に到着します
橋の手前の道を左に入ると、大量のサツキの植え込みがある。
紫陽花とサツキ
水子供養塔前の池のスイレンと鯉
本殿の方をみると、丸く刈り込まれたサツキの赤い色が目に飛び込んできます。
横から見ると白やピンクもあります。
次の階段を上ると本殿の正面にでます。両脇のきれいに刈り込まれたサツキが目を引きます。
本殿右側のサツキはほとんどが赤です。
本殿左側のサツキは様々な色が混じっています。
左側の終端部は北側に折れ曲がって続きます。
冥応寺(通称・弁天さん)のサツキがこんなに綺麗だったとは・・・・・・・
辯天宗飛龍山冥応寺 (通称:茨木の弁天さん)

所在地:〒567-0073  大阪府茨木市西穂積町 7-41

TEL:: 072-622-6861  境内:自由(無料)

交通:JR茨木駅より、近鉄バス「茨木弁天」行・終点

      〃       徒歩約25分
メニューに戻る