神戸摩耶山:星と光の祭典

「Mt.摩耶 星と光の祭典」というイベントが、摩耶山展望台で催行されている事を新聞で知り駆けつけた。
神戸三宮駅からバスで摩耶ケーブル下へ。まやケーブル→まやロープウェイと乗り継いで山上へと向かう。
山上は掬星台(きくせいだい)と呼ばれる広場となっている。

掬星台とは、まるで手で星を掬う(すくう)かのように、眼下の光粒を掬えそうな夜景を鑑賞出来るところから、この名が付けられたそうです。
ここでは、まだ紫陽花が満開である。
夕刻が近付くにつれ、展望台の人影が次第に増えていきます。
眼下に広がる神戸の街も、次第に山の影に飲み込まれていきます。
街の明かりが灯り、徐々にその数を増していきます。
まやケーブル星の駅の電飾 
7時30分、「天の川」に見立てた一万個の青色発光ダイオードが点灯され、いよいよ祭典の始まりです。
この日は、「光と音のパフォーマンス」や、結婚式が行なわれていました。

イベントに関する詳細はこちらをご覧下さい。
全長40mの遊歩道は昨年、神戸市が整備し、
青と緑に発光する蓄光石がちりばめられています。





このあとは、じっくりと1000万ドルの夜景をお楽しみ下さい。
撮影 2006年7月30日  

メニューへ戻る