涼景さわやか四国・夏の旅

 元職場のOB達と行く今年の夏の旅は、阪急交通社が企画した「絶景に巡り合う!涼景さわやか四国と奥道後温泉2日間」という長いタイトルの旅に決まりました。
 2012年8月1日、新大阪駅から他の9名と共に新幹線に乗り込みます。
 岡山駅で特急しおかぜ3号に乗換え、松山を目指します。
 岡山から2時間45分程で松山駅に到着です。駅前には正岡子規の句碑が建っています。

 春や昔
  十五万石の
    城下哉
JR松山駅舎
 昼食後、松山城天守閣が望めるという城山公園にやってきました。広大な芝生広場の奥に見えるのが二の丸御殿跡地だそうで、横に長い建物は復元された多聞櫓とのこと。
 山の上には天守閣や櫓らしき建物が沢山見えていますが、今回の行程には松山城の観光は含まれていません。
松山城天守閣
 松山市内では今も路面電車が走っています。右側のこじんまりした車両がほとんどですが、時には左側の大きな車両も見かけます。
 こんな光景を眺めていると、昔、大阪市内を路面電車が縦横に走り回っていた時代のことが懐かしく思い起こされます。
 つぎは観光バスにてJR予讃線・上灘駅に到着し、ここから一駅分だけ電車に乗ります。向かう駅は下灘という駅で、プラットホームから海が望めるそうです。
 下灘駅に到着しましたが、あいにくの曇天であまり海がきれいに見えません。しかし当駅はしばしば映画などのロケに使われたそうで、男はつらいよシリーズ第19作の冒頭シーンで渥美清扮する寅さんが、この駅のベンチで寝転がっていて、駅員に起こされるシーンや、青春18切符のポスターにも度々登場しているそうである。
JR下灘駅舎 下灘駅舎内のベンチ
 下灘駅からは再びバスに乗って道後温泉街に到着します。

 道後温泉本館前の駐車場から、本館横を下った所の売店横で、夏目漱石の小説・坊ちゃんに登場する面々が出迎えてくれました。
 道後温泉本館は、北に神の湯本館、東に又新殿(ゆうしんでん)・霊(たま)の湯棟、南に南棟、西に玄関棟が互いに接続して建つ複雑な構成を持つ。神の湯本館が明治27年、又新殿・霊の湯(たまのゆ)棟が明治32年、南棟及び玄関棟が大正12年の建築で、現在の姿は明治中期から昭和初期にかけて整えられたものだそうです。
 振鷺閣は朝6時・昼12時・夕18時に太鼓を打ち鳴らして時を告げます。
道後温泉本館・玄関棟
道後温泉本館・神の湯棟 振鷺閣(しんろかく)
道後温泉本館・南棟 道後温泉本館・又新殿
 この「道後温泉駅」の前身は明治28(1895)年、霊場道後温泉を背景として開通した鉄道線の主要駅「道後停車場」です。 当駅舎は同44年8月その鉄道の電化に際して建て替えたもので、明治・大正・昭和の3代の風雪に耐えてきましたが、腐食損傷が激しいため、伊予鉄道創立100周年(昭和61年5月)にあたって新築復元されたもので、松山地方における明治末期の洋風建築の姿を残している建物のひとつです。
道後温泉駅舎
 伊予鉄道は明治20年に創立。当時の伊予鉄道1号機関車は、明治・大正、昭和と実に67年間にわたって松山平野を走り続け、わが国初の軽便鉄道機関車として愛媛県指定文化財に指定されました。明治28年、教師として赴任した夏目漱石が発表した小説「坊ちゃん」には、当時の道後温泉や軽便鉄道がユニークに描写されており、その後伊予鉄道の汽車は「坊ちゃん列車」の愛称で多くの人々に親しまれてきました。
坊ちゃん列車
坊ちゃんからくり時計

 このモニュメントは、道後温泉本館建設百周年記念事業の一環として製作され、午前8時から午後10時の間1時間ごとに上演されます。

 土・日、3月・4月・8月・11月の毎日、年末年始(12/28〜1/5)、ゴールデンウイーク(5/1〜5/5)は30分間隔の上演となります。
通常は背が低いが 上演時は背が伸びる
上演終了時の様子を動画でご覧ください
  ↑動画スタートボタン   (画像取り込みに時間が掛かる場合があります)
 この日の宿泊は「ホテル奥道後」である。道路を挟んで右側が別館で、左側の本館は道路下に建ち、別館の2階から渡り廊下で本館の7階に接続されている。ジャングル風呂などで知られているようですが、近年の業績悪化により松山地方裁判所に民事再生法の適用を申請中。当面は営業を続けていくようですが、ロープウエイは運行を中止している。
 本日最初の訪問地は面河渓(おもごけい)である。
 仁淀川上流9.6キロメートルに亘る渓谷で、周囲を四国山地の高峻な山々に囲まれ、入り口付近で標高650メートルに達する。V字谷となっており、早瀬、深淵、瀑布が連続する。
 まずは博物館内に案内されましたが、「館内写真撮影禁止」の立て札を見て、さっさと飛び出しました。
面河山岳博物館
 残念ながら、今年の梅雨時の豪雨で各所でガケ崩れなどが起きているため谷側へ降りることは禁止されています。
 とりあえず、博物館前の車道を下流に向かって歩きます。途中、道路わきで流れ落ちる小滝を見つけ写真を撮りました。←
 そして途中のトンネルを3つくぐり、歩くこと12〜13分で渓谷を見下ろせる通仙橋に到着します。今はそこから渓谷を眺める事しかできません。
 本日の昼食は愛媛県西条市にある「果物市場と錦鯉公園」の「りんりんパークー」です。「パーク」でなくて「パークー」と語尾が延びていますが、添乗員さんの話では字画が悪いので横棒を一本増やしたらしい・・・とのことでした。
りんりんパークー・庭園 池には錦鯉がいっぱい
 往路は岡山から特急列車で松山に入りましたが、復路はバスで「しまなみ海道」を経由してJR福山駅に向かうため、一番最初の「来島海峡大橋」を渡ります。
 この橋は本四連絡橋の3つの中で唯一、自転車・歩行者専用道路があるそうで、急潮流や渦潮、多島美で有名な瀬戸内海の島々を眺めながら自転車や徒歩でゆっくりと渡ることができます。
来島海峡大橋
 来島海峡大橋を渡りきったバスは本道をそれて海辺に向かいます。見えてきたのが小型の観光船で、すでに乗り込んだ人達はライフジャケットを着込んでいます。
 そうです、これから来島海峡の急流を体験する、クルージングが始まります。
 泡立ち・渦巻き・もり上がり・激しく流れる潮の表情をご覧ください
以下の画像はクリックで大きな画像を表示します



メニューに戻る