京都洛西・松尾大社あじさい苑

阪急電鉄・嵐山線の松尾駅前から始まる参道を少し歩くと、松尾大社の鳥居前に着く。
松尾大社は京都最古の神社だそうで、太古この地方一帯に住んでいた住民が松尾山の神霊を祀って、生活守護神としたのが起源といわれているそうです。
五世紀の頃、朝鮮から渡来した秦氏がこの地に移住し、山城・丹波の両国を開拓し、河川を治めて農産林業を興しました。同時に松尾の神を氏族の総氏神と仰ぎ、大宝元(701)年に山麓の現在地に社殿を造営されました。

楼門
松尾大社の庭園

松尾大社の庭園は、昭和50(1975)年に昭和を代表する作庭家であった重森三玲の設計によって作庭され、彼の絶作でもある。
「上古の庭」・「曲水の庭」・「即興の庭」・「蓬莱の庭」の四庭で構成されている庭は、三玲の得意とした立体造形感を前面に押し出した石組構成を中心とし、動と静を表現している。庭園内のおける石は全て徳島、香川、愛媛県の緑泥片岩が使われている。
上古の庭 ↑
上古の庭の上部↑ 曲水の庭
即興の庭 蓬莱の庭
四庭を巡っている途中で、こんな看板に出合う。「ご自由にご覧下さい」と記された看板の奥が「紫陽花苑」となっており、赤・青・白などの花が所狭しと咲き揃っています。何でもこの苑内には30種・1000株の紫陽花が栽培されており、例年6月中旬から7月上旬にかけて見頃を迎えるそうです。
霊亀の滝

松尾大社の境内は、背後の松尾山を含む約12万坪だそうで、社務所の裏の渓流は御手洗川と称し、山の湧き水は「霊亀の滝」となって御手洗川に注ぎます。滝の近くには「亀の井」という霊泉があり、酒造家は酒の元水として造り水に混和して用い、また延命長寿、よみがえりの水としても有名だそうです。

 亀の井
訪問日 2013年6月28日
松尾大社
所在地 京都市西京区嵐山宮町3
TEL 075-871-5016
拝観料 大人500円・学生400円・子供300円
(庭園拝観込み)
拝観時間 09:00〜16:00
交通 阪急嵐山線・松尾駅下車 徒歩2分
JR京都駅から・市バス大覚寺行で
松尾大社前下車
駐車場 1時間無料

メニューに戻る