京都伏見・松本酒造の酒蔵と菜の花

2011年4月21日

京阪本線・伏見桃山駅で降り、駅前から始まる「大手筋商店街」を通り抜け歩を進めると、右側に板張りの塀が見えてくる。ここが清酒・日出盛などで知られる松本酒造の本社である。
中程にある通用門を通り越して少し進むと新高瀬川の堤防に出る。
ここから斜め後ろを振り返ると、酒造会社のレトロな酒蔵などが見てとれる。
松本酒造は、寛政3(1791)年に京都市東山区において創業。
大正11(1922)年に現在の地に本社を移転。これらの建物群は酒蔵等として翌年に竣工した。
この地は新高瀬川の堤防横にあり、この酒蔵群はテレビや映画に、しばしば登場しているそうである

← いちばん奥の建物
 
その新高瀬川」の堤防は、春になると菜の花でいっぱい・・・・との情報で訪れましたが、一寸時期が早すぎたのか堤防で咲く菜の花があまり見当たりません。
それでも、なんとか探し回って酒蔵などをバックにした菜の花をカメラに収めることが出来ました。
所在地:京都市伏見区横大路三栖大黒町

交通:京阪本線・伏見桃山駅 徒歩約13分

 近鉄京都線・桃山御陵前駅 徒歩約15分
メニューに戻る