城跡探訪・丹波丸岡(余部)城


JR山陰線の亀岡駅から西北西約1kmのところ
、古い町並みが残る余部(あまるべ)町にやってきました。
この先に古城という地名の小高い平地があり、そこが丹波丸岡城(別名・余部城)跡だそうです。
道路の突当りの右側石段は西岸寺という寺の山門に通じている
山門の奥には、小さいながらも素敵な庭が存在しています。
寺の石垣下には立派な城跡碑がたっています。
又この石段を上れば・・・・
寺の白壁横に丸岡城跡(余部城)の解説板が掲げられています。
それによりますと、丸岡城の大手門は、この坂道あたりで天守閣は、西岸寺のあたりとされているそうです。

その解説板に記載された内容と「日本城郭大系・11巻・京都編」の記載内容を要約して、以下に紹介します。
丹波丸岡城(余部城)が登場するのは、十五世紀の応仁・文明の乱のとき東軍の軍事的拠点としてである。戦国時代にはいると、天正(1573〜92)年間、八上の波多野氏が丹波をほぼ手中にし、その傘下にあった福井因幡守貞政が、この城を守り地域権力の拠点的城として使われた。
天正五年、織田信長の命を受けた明智光秀は、丸岡城に使者をたてて、丹波国守護として入部した旨を告げ、早く降伏して忠節を尽くすよう勧告するが、貞政は足利氏満の四男福井満貞六代の子孫であり、名を後世に残すのが武門の道であると言って、使者の(もとどり)を切り、腰刀を奪って追放した。
光秀はその仕打ちを怒って丸岡城への攻撃を開始する。幾度かの戦闘を繰り返した後、天正六年六月三日、明智光秀の軍勢が宇津根・雑水川・安行山の三方向から塀を破って攻め入り、城中の福井与市以下五十余人が本丸の門外で討死し、貞政も本丸の持仏堂において自害して、丸岡城は落城する。
さらに勢いに乗じじた光秀は波多野氏の八上城も攻め落として丹波を手中にし、荒塚山に亀山(亀岡)城を築く。
丸岡(余部)城は、新期洪積台地が沖積低地に半島状に突出して三方に河岸洪積丘崖をもち、北側は大堰川の旧河道で、南側は曽我谷川の旧河道がつくった三日月沼を天燃の環濠としており、さらに東側は両川の水をつないでいて、三方が水で取り巻かれていた。西方には、城下町が妙見街道に沿って東西に延びた街村形態をとっていた。

参考資料:西岸寺の解説板+日本城郭大系 第11巻 (株式会社 新人物往来社・発行)
丸岡(余部)城要図
丹波丸岡城(余部城)跡
所在地 京都府亀岡市余部町古城39番地
交通 JR亀岡駅より徒歩約15分
メニューに戻る