城跡探訪・眞鍋城

南海本線・泉大津駅から歩くこと約5分、円筒形の赤いポストに虫籠窓・格子窓といった、昔懐かしい町並みを眺めながら進むと、前方に城の櫓のような建物が見えてきます。
ここが南溟寺(なんめいじ)という寺である。


南溟寺は、天文4(1536)年、宇多荘に「長泉寺」を創建、文禄4(1595)年、眞鍋氏の大津城の荒地を申しうけ現在地に移転し、寺を中心に寺内町が発展したといわれる。一時期「大津御堂」とも呼ばれ、延宝6(1678)年寺号を下付される。正保2年には、伯太藩主渡辺氏の菩提寺となっている。大津城は、眞鍋城とも呼ばれ、眞鍋主馬大輔の居城といわれる。主馬大輔は信長の命により石山合戦に参戦し、天正4(1576)年大坂川口合戦で毛利水軍と戦い討死する。その子貞成は、秀吉につかえ、岸和田城将の中村一氏の旗下となり紀州根来・雑賀衆と攻防、天正12(1584)年、大津浦に船三百隻で攻め寄せた雑賀・淡路衆一千余人を眞鍋勢130余で防ぎ撃退し功名をあげている(大津松原合戦)。 (泉大津市のホームページより転載)
本堂
本堂の斜め前には「眞鍋城跡」と「戎小学校創建の地」の石碑が並ぶ。


戎小学校は明治5(1872)年に、この寺の本堂を借りて授業を開始したそうです。
帰り道で、一部は蓋をして道路の一部となっている部分もある「不自然な水路」を発見。これは多分かっての「眞鍋城・外堀」だったに違いない・・・・と思いながら、当地をあとにしました。
南溟寺
所在地 泉大津市神明町6−15
交通 南海・泉大津駅から徒歩約6分
メニューに戻る