大阪・舞洲ゆり園

2013年6月7日

JR大阪駅からJR環状線・西九条駅でJRゆめ咲線に乗換えて桜島駅に降り立った。
今月の1日に舞洲(まいしま)に開園した「ゆり園」を訪れるためである。
駅前からは「舞洲アクティブバス」に乗換え「ロッジ舞洲前」停から歩くこと約3分程で「舞洲ゆり園」の入口に到着する。
ここでは、約200万輪のゆりの花が大阪湾の海辺で咲くとの事で、期待が膨らみます。
入口を入った所からは左に休憩所が望め、左右両側に広大なゆり花壇が広がっています。
最初の見どころは、奥行きが約200mはあるかと思われる「ジグザグゾーン」です。
さまざまな色合いの「ゆり」がジグザグ模様状に配されています。
続いてはオレンジ系品種ばかりで構成された「オレンジエリア」です。
ここからは「シーサイドゾーン」に入り、「イエローゾーン」となります。

この日は、訪れるのがまだ少し早いかと思っていましたが、これらの海辺の花壇は、もう見ごろと云っても良いような状態でした。
続いては「ピンクエリア」に入ります。

園内に入り込んでいる車は「テレビ大阪」の中継車でした。
さまざまな色の「ゆり」が帯状に配されている「ボ−ダーゾーン」が約200mに渡り続きます。
さまざまな「ゆり」がミックスされた「ミックスゾーン」です。
出口付近にも「ミックスゾーン」があります。
大阪・舞洲ゆり園 
所在地 大阪市此花区北港緑地2丁目
TEL 0570-02-1187
期間 2013年は7月7日(日)迄
時間 09:00〜17:00 土・日は08:00〜
入園料 大人(中学生以上)1000円
小人(4歳〜小学生)300円
交通 こちら
(園内は飲食物の持ち込み禁止だそうです)

メニューに戻る