舞鶴自然文化園のツバキ

舞鶴自然文化園は、舞鶴市の北東部に位置する大浦半島の豊かな自然に恵まれた公園です。園内にはツバキ園・アジサイ園などがあり、春には緑の芝生、秋には紅葉と四季折々の景色を満喫できる公園です。

←入口
ツバキ園は、園内の斜面に洋種や日本種など多彩な品種を、またカメリアハウス(ガラス室)に珍しい原種や唐ツバキが栽培されており、1500種・3万本と日本一の規模を誇っています。

←北ツバキ園入口
毎年、ツバキの見頃に合わせて「ツバキ展」が開催され、園内のツバキと共に珍しい「金花茶」などの人気品種が鉢植え、切り花、写真パネルなどで紹介されています。
まずは、北ツバキ園の花を少しばかり紹介します。
日本椿:舟木白ヤブ
 
日本椿:白雁
 
日本椿:中部都鳥
 
日本椿:今熊谷
 
洋椿:ローリーグレイ
 
洋椿:ビッグ ビューティー
 
洋種椿:ミス チャールストン
 
洋種:タマ シャンター
 
洋種椿:ボブス テンシー
 
洋種:アネットゲイリー
 
洋種:デッピー
 
洋種:コーラル ピンク ロータス
 
洋種:ドロシー ヒルズ
 
洋種:ローリー ブレイ
 
北ツバキ園を抜けると「ツバキ展」会場に到着
 
会場内外にはさまざまな鉢植えツバキが並ぶ
  
日本椿:南蛮星
 
肥後椿:国華
 
原種:金花茶
 
日本椿:老松(関東)
 
肥後椿:満月
 
クイーンダイアナ
 
切り花の一輪挿しが並ぶ
 
竹の花器に生けられたツバキ
 
アメリカ産:ラスカ ビューティー
  
アメリカ産:ギャラクシー
 
日本椿:長寿楽
 
アメリカ産:ベルマ・グランサム
 
「北ツバキ園」と「ツバキ展」を見て、これで終わりだと思い、もと来た道を引き返そうとすると、係員さんが南ツバキ園も見られましたか?との話。出口と書かれたところから外に出ると「南ツバキ園」と書かれた看板が目に入ります。しかし今までで随分時間を使ってしまい、最終バスの時刻までの残り時間が少なくなっていまいたため、大急ぎで巡ります。幸い「南ツバキ園」はサザンカ類とツバキの早咲種が多かったので、開花数が少なくて助かりました。下に4品種のみ紹介します。
オーストラリア産:マーガレット・デービス
 
原種:サルウィン椿
日本椿:卜伴
 
日本椿:草紙洗
 
日本椿:通い鳥
 
カメリアハウス
途中の展望台から舞鶴湾が望めます
ここも大急ぎで通過したため紹介は2点です
昆明唐椿:牡丹茶(ムータンチャ)
 
洋種:レブラント ジョン ベンネット
 
カメリアハウス出口の樹齢500年の自生ヤブ椿
訪問日 2010.04.08
 出口付近(入口と同じ)の売店&休憩所。苗木販売と、ちょっとした土産物やホットコーヒなどもある。
 
ここはツバキだけではなく、アジサイ園も素晴らしいそうです。毎年ツバキとアジサイが見頃となる期間は有料(大人300円・小人150円)となりますが(2010年のツバキ展は3月13日〜4月11日迄で、すでに終了)、その他の期間は入園無料です。有料期間は毎年変わるそうですのでホームページで確認するか、電話で問い合わせてください。
舞鶴自然文化園
所在地 〒625-0152 京都府舞鶴市字多祢寺 地図
TEL 0773-68-1187  FAX 0773-68-0845 (舞鶴市花と緑の公社)
休園日 12月29日〜1月3日
開園時間 3月〜9月=午前9時〜午後5時 10月〜2月=午前9時〜午後4時30分
その他 交通アクセスなどは舞鶴市花と緑の公社のHPをご覧ください。

メニューに戻る