東京・孫まご旅行

(東京キャラクターストリート ・ ジブリ美術館)

008年3月23日あさ、新大阪駅から新幹線で東京駅に向かいます。

そもそもは、2月の初旬に長男の嫁から女房に、「春休みになったら2人の子供(6才・10ヶ月)を連れて東京に行きたいが、旦那(長男)が「仕事が忙しくてその頃には休みが取れない」と云っているので、私一人では2人の子供の面倒が見切れないので一緒に行ってもらえませんか?」との話があったそうです。私が「東京のどこへ行くつもりや・・」と聞くと女房は「ザブリとかジブリとか云ってたわ」との返事。何にそれ!と思いながらも、自分には関係ないと思っていました。
ところが、その日が近づくにつれ、どうも自分も一緒に行かなければならない気配となり「俺もいくのか?」と尋ねると「あたりまえや!下の10ヶ月の子を連れていくんやから乳母車があるし荷物を持ってもらわんと身動きでけへんやん・・・」との返事。そこで「そのザブリとかジブリとか云う所って何やねん」とたずねると「私もよう分からんけど、となりのトロロとかレトロとか云うアニメなどの資料館らしい・・・」との答え、「う〜ん、レトロやったら行ってもええけどな」などと訳の分からない事を云っている内にその日が来てしまったのである。

←新幹線の車両から望む富士山
東京駅のプラットホームに入る直前、丸の内口側の東京駅舎{大正3(1914)年築・昭和22(1947)年改修}がチラッと見えました。天皇陛下が列車に乗られる際の搭乗口として皇居側に建造された豪華な赤煉瓦造りの建物です。

駅の構内でお茶でも・・・と改札を出ましたが、久し振りに訪れた東京駅は、すっかり様変わりしていて、孫と一緒に「まごまご」状態となりました
上の孫がこんなポスターを見つけ、じっと見つめて動きません。
何か分からんけど「一寸のぞいてみよか」とエスカレータでB1にを下りたのが大間違い? そこには日本で初めてという「在京キー局のテレビキャラクターショップ」が勢揃いしている「東京キャラクターストリート」という東京の新名所が出来ていて、普段みなれたテレビアニメの人気キャラクターグッズがいっぱいです。孫は目をらんらんと輝かせ、あるショップの奥へと消えてしまいます。。
なにしろこの人出です。女房は上の孫が迷子にならないようにと後ろを付いててまわり、嫁さんは下の子を抱っこして各ショプの視察、私は乳母車と旅行バックを預かり身動きできません。
テレアサショップ (ドラえもん等の人気番組グッズが大集合)
TBS store (BooBoなどの番組グッズが豊富に揃う)
その他
日テレ屋 (人気番組やアニメ、映画のグッズが大集合)
フジテレビショップ (バラエティ、ドラマ、アニメなどグッズが大集合)
テレ東本舗 (人気アニメや番組グッズが盛りだくさん)
NHKキャラクターショップ (「どーもくん」や「おじゃる丸」などが勢揃い)
←ウルトラマンワールドM76 (ウルトラマン好きや、女性やお子様も楽しめるショップ)
レゴ クリックブリック (日本未発売のグロックやオリジナルグッズも販売)
Donguri Garden (スタジオジブリのグッズと絵本キャラクターグッズが大集合)
JUMP SHOP (「週間少年ジャンプ」連載作品を中心としたグッズがいっぱい)
TOMIKA SHOP (親子2代で楽しめる店内はおもちゃやアパレル・グッズなどが充実)
Ctの小部屋 MAY (人気の地域限定キティグッズを中心に品揃え)
スヌーピータウンミニ (おなじみ「ピーナッツ」グッズが豊富に揃う)
RASCAL SHOP (ラスカルを中心にした日本アニメーション オフィシャルのショップ)

tame cafe (グッズ探しに疲れたら一寸一服)


私は、ここで荷物を店の隅に置かせてもらい、コ−ヒを飲みながら孫達の帰りを待ちます。
この後、中央線で三鷹に向かい駅に近いホテルで宿泊しました。
2008年3月24日 朝、目覚めると雨。朝食後いったん三鷹駅に戻り、バスに乗ろうと思いましたが、バス停の長蛇の列を見て、タクシーでジブリ美術館に向かいます。
タクシードライバーが降ろしてくれたのがここ、大きなトロロじゃなかったトトロがいる受付がありますが、単なるぬいぐるみで、え!どうするの?と思いましたが、「ほんものの受付→」と書かれた案内板を見て正式の受付に向かいます。タクシードライバーと組んだ「遊び心」満点の演出です。
玄関前は長蛇の列ですが、ちゃんとテントが張られているので、雨が降っていても平気です。
並びながら、ふと左側を見ると建物の壁面が見えます。鉄筋コンクリートの壁面はカラフルな色で塗装され、アーチ窓や丸窓、最上階の窓の軒飾りなどレトロっぽい感じがします。やっぱりトトロじゃなくてレトロだよ。

この美術館は2001年10月1日に開館した、「千と千尋の神隠し」で有名な宮崎監督の企画・原案による、そして自らが館長を務める「アニメーション美術館」です。
少し待っただけでいよいよ入館ですが、入口横の看板にこんな事が書かれていました。「美術館内での写真撮影、ビデオ撮影は禁止されています。理由は,ジブリ美術館は物語の入り口であり,物語の主人公になるには,カメラを向けるのではなく,この空間をご自分の目で見て,体で感じて欲しい。そして,思い出は心の中に大切にしまって持ち帰って欲しいのです」。
残念ながら、ここから先は写真で紹介できませんので、ジブリ美術館のホームページをご覧下さい。


帰り時間が近付き、上の孫にそろそろ帰ろうか・・と持ちかけると「最後にもう一度「手押しポンプ」で遊びたい」との事。そのポンプは地下1階のコインロッカー(100円ですが、鍵を開けるとお金が戻ります)前の中庭にありましたので、2階の売店で買物中の嫁さん・女房と別れ、上の孫と一緒にB1に下りました。
宮崎監督の何かの映画でこのポンプが出てきたのかも知りませんが、私にはさっぱり分かりません。
さて、そのポンプを仕切っていたのが、どこかの姉妹の姉の方です。誰かやりたい人と云って、手を上げた人にポンプのテバーを漕がすのです。子供・大人も含め全て仕切っていましたが、いつの間にか我が孫もこの姉妹と一緒になって長い間(30分以上)、このポンプで遊んでいました。
さて、そのポンプから流れ落ちた水(本当の地下水らしい)は溝を通ってこのマンホールに流れ落ちます。この中庭は唯一写真撮影が許された場所ですが、館内はこのような「遊び心」にあふれた仕掛けが各所で見られます。

三鷹から東京駅に着き、新幹線への乗換口を駅の警備員に教えてもらってそちらに向かっている時に、女房が上の孫がいない事に気付きます。あわてて後戻りし立ち止まった所から進行方向に向かって少し行った所でべそをかいている孫を発見して一安心。時間通りに新幹線に乗り込む事ができました。
新幹線の座席に座る孫の膝の上には「レトロ」じゃない「トトロ」がのっていました。お腹からタヌキが連想されるので「トトロってタヌキ?」との質問に、嫁さんは「実在しない生物で妖精のようなもの」との答え。う〜ん、どう見てもタヌキだ・・・・・と見つめているうちに、何とか無事に大阪に帰りつきました。


             

メニューに戻る