城跡探訪・旧二条城

旧二条城という城の存在を知ったのは、2014年10月10日に、現在の二条城を訪れた時である。
城の西端に休憩所があるが、その近くにこんな石積みがあり、「旧二条城の石垣」という案内板が立っていました。それによりますと、この石垣は、京都市高速鉄道烏丸線(地下鉄)建設に際し、烏丸下立から発見されたもので、石垣は「犬走り」をはさんで上下二段に分かれて北面して東西に走り(8m強)、東南方向に折れる角を持ち、普通の石材約150個の他に40個程の石仏・板碑・礎石が使われていた、との事。
建築当時、日本における布教活動をしていたポルトガルの宣教師ルイス・フロイスの記録によると、旧二条城というのは現在の二条城以前、永禄12(1569)年2月に工事を開始し、常時15000人から25000人の人役を投入して70日間程でほぼ全容を整えたということであり、期間を極めて短くするために石垣の石材に近郷の石仏・板碑・燈籠等を収集し、積み込んだと記載されているが、そのとおりの石仏などがこの遺構にみられたそうです。
石垣は京都御苑・南西端近くの、椹木口(さわらぎぐち)を入った所にも、解説板とともに展示されています。ここの解説板はかなり傷んでいて、読み辛いのですが、なんとか解読できましたので下に略記します。

推定旧二条城の復元石垣

これは永禄12(1569)年、織田信長が、室町幕府最後の将軍・足利義昭のために造った強靭華麗な居城跡と推定される。居館とする建築物は、法華宗本山にあった「本国寺」の荘厳・華麗なものを選び解体し、調度品とともに運び再建した。
また、城の石垣構築に際しては、洛中・洛外の石仏・五輪塔・庭石・石灯籠な等を手近な所に求め、単なる用材として石垣に積みこんだのである。
ここにある石垣は。地下鉄烏丸線の工事に伴う発掘調査で丸太町上るに埋もれていたのを発見したものを、ここに復元したものである。
これと同様なものが烏丸椹木町通・下立売通・出水通で発見されており、今も地下に埋もれているのである。
旧二条城出土堀内畝
上の案内板では石垣にした石仏などについて、ただ単に使用したと記されていますが、「日本城郭大系11・京都編」によるフロイト氏(上記)の証言では、「工事は日本に於いては見たることなき石造とするに決したが、これに用いる石なきを以って、多数の石像を倒して工事場に引かしめ、石の祭壇及び偶像を地上に倒してこれを破壊して・・・・」と記されており、かなり乱暴な工事であったようです。実際に地下鉄工事で出土した石仏などの写真↓↑が、それを物語っており、そのほとんどが腹部で割られているようです。
 (出土物の画像は 『日本城郭体系11』新人物往来社刊の口絵より転載
城跡碑は平安女学院大学の校舎角にあった。
その後、信長は旧二条城から義昭を追放し、東宮誠仁親王を迎え入れ、城は「二条御所」として使われていたが、室町幕府の滅亡に伴い廃城となった。天正4(1576)年に旧二条城は解体され、安土城築城に際し建築資材として再利用された。現在の二条城は、徳川家康によって上洛の際の将軍の居館として慶長7(1602)年に築かれたものである。
旧二条城跡(石碑)
所在地 京都市上京区烏丸通下立売西入
平安女学院大学・北東角
交通 京都市営地下鉄・丸太町駅A番出口kら徒歩約5分
メニューに戻る