春の京都府立植物園

撮影2007年4月17日
地下鉄北山駅に近い北山門から入園。門の近くの花壇には、いろいろな季節の花が植えられていますが、パンジーの寄せ植え花壇で珍しい品種を発見!

2002年の欧州草花新品種審査協会&同年の全米草花新品種審査協会で金賞を受賞した品種とのこと。

モルフォ
南に進むと、右側の木々の間から鮮やかな色彩の花壇が目に飛び込んできた。近寄ってみるとチューリップの花壇であった。小規模な花壇であるが、青色のムスカリとの取り合わせが美しい。
公園の南側にある洋風庭園花壇の花。

ワスレナグサ
洋風庭園の西側にある西洋シャクナゲ花壇では、いろいろな品種のシャクナゲが咲いていました。

                      奥早出→ 
一旦正門から外へ出て、公園の西側を流れる賀茂川沿い:半木の道(なからぎのみち)の様子を見に行きました。

少し満開を過ぎていましたが、700本の八重紅枝垂れ桜のトンネルを堪能できました。
正門から又園内に戻り(再入場可能)観覧温室に寄ってみました。
いちばん最初に目に留まったのが、インド原産のこの花

       ツンベルギヤ マイソレンシス
ストレプトカーパス
              フウリンブッソウゲ


      まさに風鈴そっくりの珍しい花である。
インパチェンス属の一種


東アフリカ原産の花だそうです。
出口に向かう北側通路でこんな花を発見!

           ベニバナ トキワマンサク→ 

黄色いマンサクは万博公園で見かけたが、赤色のマンサクは初めてだ。
出口に近い北側で、いろいろな種類の桜が植えられたコーナーがありました。
遅咲き種の桜の花が何本か咲いていましたが、この花がいちばん綺麗だと思いました。


早晩山(いつかやま)
京都府立植物園データ
所在地:京都市左京区下鴨半木町  地図  交通:地下鉄北山駅下車3番出口を出てすぐ 電話:075-701-0140 開園時間:午前9時〜午後5時(入園は午後4時まで) 温室観覧時間:午前10時〜午後4時まで(入室は午後3時30分まで) 休園日:12月28日〜1月4日 入園料:一般200円 高校生150円 小・中学生無料 団体割引あり 温室観覧料:一般200円 高校生150円 小・中学生無料 学校団体割引あり 70歳以上(要公的証明書)・障害者手帳持参者は入園料・温室観覧料とも無料

メニューに戻る