京都駅ビル空中経路

京都駅ビルは東西470メートルの巨大な建物
 
その中で駅舎といえるのは中央のドーム部分
 
京都駅は明治10(1877)年に初代駅舎にて開業、大正3(1914)年に二代目、昭和27(1952)年に三代目と建て代わり、現在の建物は四代目で平成9(1997)年9月に竣工したものである。
 
ここで友人のM氏より提供を受けた京都駅のスタンプを紹介する
昭和9(1934)年 昭和56(1981)年 平成21(2009)年
駅構内に入って見上げるドーム天井の空間を走る一本のライン。これこそが知る人ぞ知る「空中経路」である。東西に延びるこの遊歩道は地上高45m・長さ147mで、東広場と西ビルの拉麺小路を結んでいる。

ここに行くには西ビルから行く方法と、東広場から行く方法の2通りありますが、分かりやすいと思われる東広場からの行き方を紹介します。
京都駅の中央改札を出て、右奥のエスカレータを3段乗り継いで一番上まで上りますと、烏丸小路広場という所に着きます。

烏丸小路広場
ここからは駅構内の全体を見渡せますし→、オープンになった広場の北側からは京都の町並みが望めます。





上の写真右側の短い階段(裏側はエスカレータ)を上がり
右奥の階段(奥はエスカレータ)を上がると
 
東広場に到着します。
 
ここは東ビルの「ホテルグランヴィア京都」の中庭としても使われているようです。

その奥にあるのがカフェ「Cento Cento」、ランチパスタ(スープ・前菜とサラダ・パスタ・デザート・コーヒor紅茶)が1000円・ケーキセット945円等、営業時間11:00〜2230。
「ホテルグランヴィア京都」の対面に中庭を挟んで「空中経路」に行く最終のエスカレータがあります。
京都駅の構内が混雑していても、ここまで上って来る人はごく僅かです。



エスカレータの上方から見おろすと、東広場の様子↓がよく分かります。
エスカレータが上りきると、目の前に空中経路が現れます。左側に設けられた空調機から冷気が噴出して快適そのものです。

この通路は無料で利用できますが、通行可能時間は10:00〜22:00迄です。
途中3箇所に展望所が設置され、ここから望む京都の名所案内板も設置されています。
 
以前にここから撮った写真です(この日は天気が悪かったので・・・・)
この場所の少し手前に伊勢丹(デパート)への分岐点がありますが、空中経路も終点が近付いてきました。
終点の扉を開けると、そこは拉麺小路
 
拉麺小路を出ると、大階段が広がっています
 
大階段の最上段に何やら緑の植物が見えましたので上がってみました。ここは「大空広場」という空間で京都駅ビルの屋上を緑化して建物表面などの温度を下げるヒートアイランド制御に取り組まれています。この芝生広場にはベンチも設けられていて、気候の良い頃には絶好の休憩場所かも知れません。
撮影 2009.6.22

メニューへ戻る