「京の七夕」堀川会場を行く


2011年8月6日(土)〜15日(月)(点灯時間は19:00〜21:30)の会期で、「堀川会場」「鴨川会場」に分かれて「京の七夕」が始まっています。今回は復興支援と云うことで、東日本大震災で被災された地域の復興を願い、仙台七夕まつりなど東北地方と連携したイベントも開催されています。
2011年8月8日 堀川会場を訪れました。


元離宮二条城

「京の七夕」期間中は夜間入城は無料です。

夜間公開(19:00〜21:00  閉門は21:30)

「京の名産品展」・「宮城・福島物産展」などあり。
京都にゆかりのある著名な方々からの震災復興への願いやメーッセージを掲載した大型行灯が並びます デジタル掛け軸で二の丸御殿が変身

 
 
堀川通を流れる堀川は近年整備され、浅くした緩やかな流れのそばに遊歩道が設けられています。「堀川会場」は、この流れと遊歩道の空間をうまく利用して、さまざまな作品が並びます。
 
会場の入口は二条城の東側にある「京都全日空ホテル」前辺りの橋の袂にあり、北行きの一方通行となっています。途中何箇所かの階段からも入れますが、階段があっても出口専用となっている所もあり、ポリさんが入ろうとする人を見張っています。

最初に現れるのが石垣に描かれた鳥獣戯画(現代風にアレンジされています)で、前の流れには青い光を放つLEDボールがつぎつぎと流れてきます。
 
次に現れたのが「光の友禅流し」です。


幾重にも色が重なり表現される京友禅の華やかさが、堀川を流れる水と、そこに照らし出される光の演出により、水面に艶やyかかに浮かび上がります。
 
願い七夕


地域の子ども達が願い事を書いた短冊を、笹に飾り付けて展示されています。
 
竹と光のアート作品


公募により選ばれた作品(3作品)と京都の大学生による作品(19作品)が展示されています。
 
光の天の川 夜空に浮かぶ満天の「天の川」を再現。薄暗闇の中、ライトアップされた竹のアーチで京都らしい和の趣が加えられています。
 
青色LEDボールと行灯の列の向こうに仙台七夕飾りのようなものが見えてきました。


なおこのLEDボールは下流で網にてすくい上げ、箱に入れて上流に運び再び流す、を繰り返されているようです。
いこいの広場


東北コーナーでは、仙台七夕飾りが設置されています。

その他このコーナーではジュース、アイスクリーム、駄菓子などの販売もされています。
 
いこいの広場からは一条戻橋の下をくぐり北進し「ホタルの森」(将来ホタルが舞うような所にしたいという願望)と記された所を通り抜けると堀川通に出ます。
通りの向かい右側に西陣織会館というビルがありますが、ここも「京の七夕」会場の一つです。
 
ここでは8月の12日迄と14日・15日の19:00〜19:20にモデルによる西陣織と仙台平のファッションショー、8月13日にはマギー審司のトーク&マジックショーが行われます。


京の七夕についての詳細はこちらをご覧ください。


メニューへ戻る