2006年3月15日

昼すぎに串本駅に降り立った。
日が暮れるまでに「潮岬灯台」「大島」「橋杭岩
」と巡りたいので、写真右端に見える「観光協
会」に寄ってバスの時刻表をもらい、まずは潮
岬灯台へと向かう。
30mの断崖から100余年もの間、沖往く船を
守り続けてきた白亜の灯台。
潮岬灯台

構造:白色 塔形 石造

灯質:単閃白光 毎15秒に1閃光

光度:97万カンデラ

光達距離:19.0海里

高さ:地上から灯火まで20メートル
   水面から灯火まで49メートル

初点灯:明治6年9月15日
68段のラセン階段を上り、垂直に近い数段の
はしごを上りきり展望所に到着すると、一望千
里の大海原の眺めが目前に開ける。
海と空を隔てる一本の水平線の広がりに、ここ
が本州最南端の地であるという実感がわいて
きます。
これからバスで串本駅に帰り、次の大島行き
のバスが出るまでの1時間で「橋杭岩」の見物
を済まさなければならない。駅から岩まで2km
弱、一寸きびしいかな・・・と思っていたのだが
、なんと!次に来たバスは「橋杭岩」を経由し
ての「新宮」行きであり、一寸時間の余裕がで
きた。
橋杭岩

大島に向かって約850mの列を成してそそり
立つ岩柱。あたかも橋の杭だけが残ったような
奇観は、南紀屈指の景勝地。海の侵食により
岩の硬い部分だけが残ったものである。干潮
時には中ほどの弁天島(奥の緑色の島)まで
歩いて渡れるそうだ。
上の写真では分からないが、弁天島の先にも
左の写真のように、大島に向かってこのような
岩が連なっている。

そして、これらの岩の一つ一つに名前が付けら
れている。
左から平岩・ハサミ岩・ボオス岩・大オガミ岩・小オガミ岩・ビシャコ岩
 
ここで時間があまり取れなかったが,これから
岩の向こうに見えている大島行きのバスに乗
るため大急ぎで串本駅に戻ります。

そして大島へと向かうバスに乗り込み約40分
かけて樫野埼灯台バス停に到着します。
樫野埼灯台


バス停から灯台まで300mとの表示があり、
しばらく行くと白亜の灯台が見えてきます。

最近、展望台を設けたり、きれいに塗装され
ていたりで一見して新しい灯台にみえますが、
れっきとした日本最初の石造灯台です。
構造:白色 塔形 石造

灯質:群閃白光 毎20秒に2閃光

光度:53万カンデラ

光達距離:18.5海里

高さ:地上から灯火まで14・6メートル
    水面から灯火まで47メートル

初点灯:明治3年6月10日
展望台からの眺めは最高!何といっても海の
色がきれいです。

この灯台の展望所は無料で開放されています
付近には灯台建設に関わったイギリス人達が
植えたというスイセンが、あちらこちらで見られ
ます。
トルコ軍艦遭難記念碑

1890年6月、トルコ国皇帝特派使節として初来
日したオスマン・バシャ海軍少尉以下650余名
の将兵を乗せた軍艦エルトウール号が、その
使命果たして帰国の途中。9月16日夜、樫野
埼灯台下の岩礁で難破、580余名の将兵が殉
職されました。当時、樫野の島民は献身的な
救助活動を繰り広げ、引き揚げられた遺体は
遭難現場をを見下ろす丘に埋葬されました。
この弔魂碑はトルコからの委託で和歌山県が
1937年に建てたものです。
トルコ記念館

トルコ軍艦の悲劇を機に、犠牲者の慰霊を通
じて串本町とトルコ国との交流が始まり、今後
一層、日ト親善の契りを深めると共に、国際
的な友愛の精神を広く伝えることを目的として
建設された記念館。
内部にはエルトウール号の模型、当時の遺品
、説明文、写真、図表、遭難者名簿等の展示
があります。 

入館料 大人250円・小人120円
トルコ記念館の屋上からみた遭難現場。


当時、天候の悪化が懸念され、出航を遅らせ
るように進言したが、帰国を急いだために台
風に巻き込まれ、この写真の中央奥に見える
岩に座礁したそうです。


トルコ記念館の管理人に海金剛の場所を教
えてもらうが片道2q弱位との事。最終バスが
来るまで1時間丁度、無理を承知で大急ぎで
海金剛に向かう。
海金剛(鷹の巣園地)

熊野灘に面した大島の南岸は入り組んだ断
崖絶壁が続く。中でもこの海金剛はピラミッド
を想わせる巨岩や鋭く切り立った岩礁に荒波
が砕け散り、身がすくむほどの迫力と近寄り
がたい神秘が感じられる絶景の地である。
途中何度か走ったが、何とか最終バスに間にあった。大島港バス停に停車中に、きれいな夕焼
けが望めました。 2006年3月15日撮影    --- 終 ---

メニューに戻る