城跡探訪・黒丸城

JR茨木駅の東側から出ている近鉄バス「大阪モノレール・南摂津駅行」の途中駅である「鳥飼五久」で降りると、目の前には淀川に架かる「鳥飼仁和寺大橋有料道」の高架と、上りスロープが見えています。
そして振り返ると「パナソニック ロジスティクス株式会社」の大きな敷地が広がっています。
バス停から側道を徒歩で少しバックすると、植込みの途切れた所に、それらしき物が目に飛び込んできました。

あまりにも簡単に見つけることができ、拍子抜けです。
摂津市鳥飼下のあたりには、「城の前」「内殿」「相撲」「治部内」などの字地があるが、黒丸城の遺構はまったく残っておらず、その位置も確かには決め難い。したがって、城主・沿革などについても不詳であるが、「細川両家記」にみえる次のような記述は、当時この辺りに何らかの城塞的建築物のあったことをうかがわせる。

 同四日に三好方の衆は天王寺迄諸陣くつろがれ候、五日に鳥飼へ帰陣也。(永禄二<1559>年八月
 同廿二日に諸軍負軍して始め陣所天満森へ被引退候・・・・・然処に鳥飼周辺にて御談合あり。(元亀元<1570>年九月)

いずれにしろ、本城は淀川べりに築かれた平城であって、桂本砦(高槻市)・一津屋砦(摂津市)などと共に、大坂方面攻撃の際の前進基地の一つとしての機能を濃厚に持った城郭であったろう。


「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第12巻」より転載
せっかく淀川の近くに来たのだから・・・・と堤防に上ってみました。河川敷公園の向こうに見えるのは寝屋川市内かと思われます。
なお、この標識は「淀川距離標(20km)」で河口から1km置きに、さまざまな形の標識が設けられているそうです。
黒丸城址
 
所在地 摂津市鳥飼中2
交通 JR茨木・阪急茨木市駅から近鉄バス「南摂津駅」行で「鳥飼五久」停下車すぐ

メニューに戻る