城跡探訪・柴島城

2012年4月13日

柴島浄水場の「桜並木通り抜け」を訪れたついでに、この近くにあるという柴島(くにじま)城跡を探すことにしました。
情報によりますと、城跡は浄水場の南東側(淀川寄り)とのことですので、柴島高等学校の正門前を通り、浄水場の裏側へと歩を進めます。
阪急電鉄千里線・柴島駅横の踏切を渡った所を北東に進み、閑静な住宅街を淀川方向に入っていきます。
一寸道に迷いましたが、民家の角にコンクリートブロックと赤レンガで囲われた花壇?脇にある、柴島城跡碑を発見することができました。家屋建築の際、この部分を避けて建てられたようです。
石碑はかなり古いもので、側面には昭和三年三月と記されていますので、今から84年前に設けられようです。
淀川と旧中津川(新淀川筋)との分疑点の北岸の地が柴島で、その対岸が毛馬(けま)である。

柴島の地は、明治29(1896)年度より着手された新淀川開削工事に際し、一部その河川敷となり元の地形を失ったが、新淀川の川岸に近い一面に、かって「本丸」「堀」「城道」「屋敷」「西屋敷」などの字名が残っており、およそ200uで、周囲より1.2mほど高い畑地があって。「摂津志」以来、この付近が柴島城跡と推定されていた。

しかし今日では城跡の名残を留めるものは何もない。明治年間に書かれた「東摂城址図誌」(東城兎幾雄編)所収図を掲載して参考に供する。

この城は、十河一政が初めてここに築いて拠点とし、後年、大阪夏の陣(1615年)に際し、稲葉氏がここに拠ったと伝えられるが、その興廃などの年月は明らかでない。 その間、天文18年、細川晴賢・三好政長の兵がここに陣取り。同年3月、三次長慶が大軍をもってこれを攻めた。城兵は防戦かなわず榎並城へ敗走したという(「諸国廃城考巻之六・柴島城」)。


「日本城郭体系」第12巻より転記
柴島城跡
所在地 大阪市東淀川区柴島2-19
交通 阪急千里線・柴島駅徒歩約6分

メニューに戻る