柴島浄水場の桜並木

2012年4月13日

大阪市淀川区の柴島浄水場の桜並木は、阪急電鉄京都線で梅田に向かう時に、車窓から何度か眺めたことがあるが、立ち入る事は出来ないと思い込んでいましたが、たまたまネットで期間限定で「桜並木の通り抜け」が行われている事を知り、遅まきながら訪れてみました。

←右側は阪急電鉄京都線、左側が浄水場の土手で、その間にある道は一般通路である。
ここが「桜並木の通り抜け」淡路側の入口 スロープの奥で桜のトンネルが待ち受けている
この辺りは満開のようです 赤いつばきの花も咲いています
平日なので人通りが少ないです
進むにしたがって落花弁が多くなる 散った花弁も綺麗です
崇禅寺駅が近付くにつれ品種にもよるのか緑の葉が多く見られるようになる
柴島高校の前を通って南下すると 再び浄水場の敷地が現れる
浄水場の桜などを外から見て回った所で来た道を引返します
崇禅寺駅側入口に、こんな展示がありました。
柴島浄水場壁面の空襲による弾痕
1945年6月7・13・26日、東淀川区は米軍機による空襲にみまわれた。特に6月7日の空襲は激烈をきわめ、一トン爆弾や焼夷弾が雨あられと降りそそいだ。米軍機はさらに低空の機銃掃射を繰り返し、浄水場の崇禅寺駅川壁面に弾痕が約50mにわたり残された。
この弾痕は空襲に倒れ、傷つき、死んでいった物言わぬ多くの人々への生き証人として私達に語りかけている。
一度通った所ですが逆方向から見ると又違った感じになります
午前中に比べて人通りが多くなりました 元の入口に帰ってきました
2012年の「桜の通り抜け」は4月15日で終了しますが、この催しは毎年行われているようです
柴島浄水場
所在地 大阪市東淀川区柴島1-3-1
期間 2012年4月1日〜4月15日
時間 09:00〜21:30
料金 無料
問合せ 06-6614-8866(通り抜け専用電話)
地図のマークは淡路側入口

メニューに戻る