雲の造形

撮影 2004年7月7日

嵐山の渡月橋を渡っていて周りを見まわすと、あち
らこちらにぽっかり浮かぶ雲、なんの気無しに数枚
の写真を撮った。
後日その写真の一枚をみてみると、何か動物の顔
らしきもの写っている。

写真を大きくしてみると、象の頭部のようにも見える
し、鳥のようにも見えます。


しかしもっと不思議なのは次の写真です。

これは桂川の川下に向って撮ったものです。
雲の左下の部分は、熊が仰向けにひっくり返ってい
るポーズに見えます。そして右側の雲は、その熊を
ぶん投げ、両手を上げて勝ち誇る何者かに見える。

その部分を拡大してみて驚いた。なんと両手と思わ
れるものの間には、目・鼻・口らしきものがあり、人
間の顔のように見える。


私にはこのように見えるということで、黒線を入れて
みました。

少しコントラストを強めてみましたが

さて、皆様にはどのように見えますか?




2004年7月7日 嵐山:渡月橋上から撮影

メニューへ戻る