九重”夢”大吊橋

かねてより女房殿が行ってみたいと云っていた「九重(くじゅう)夢大吊橋」と、私が行ってみたいと思っていた、「原尻の滝」や「高千穂峡」などとセットになったツアーが見つかったので出かけることとなりました。

2009年9月6日、新幹線で小倉駅から観光バスにて湯布院へ。湯布院散策を済ませたあと、随分遅くなりましたが午後5時10分頃、吊橋に到着です。
暗くならない内に渡ろうと思いましたが、まずは左側にある展望所から大吊橋の撮影です。
 
この吊橋は、今まで観光の目玉と言える施設が無かった九州・大分県に観光客を呼ぼうと、平成18年10月に竣工した地上高173m・長さ390mで標高777mに架かる吊橋であり、今のところ人道吊橋としては高さ・長さ、共に日本一だそうである。

渡り始めて感じたことは、大勢の人々が一斉に渡っていても、全く揺れません。写真を撮ろうと立ち止まってカメラを構えると微妙な上下動を感じますが、吊橋を渡っているという感じが全然しません。
東側は震動滝(雌滝)がある断崖絶壁。この時点で気付かなかったが、この画像が切れた右側に震動滝(雄滝)がある
 
西側には九酔渓(きゅうすいけい)という渓谷が広がり、滝水は鳴子川に注ぐ
 
スタート地点は普通の路面でしたが、どこから変わったのか、両側はコンクリートボード、真中は網目鉄骨となっています。この網目から下が良く見えると、高さを感じて恐怖感を覚えるのだろうが、網目の高さがコンクリートボードの厚さと同等であり、真下を見て歩くことを除き、普通に歩く分には下の景観が網目の高さに遮られ全然見えません。よって皆さんすたすたと平然と渡って行かれますが、一人だけ怖そうに手すりにしがみつきながら横歩きをしている人を見かけました。
吊橋からの景観-震動滝(雌滝)・93m
 
吊橋からの景観-震動滝(雄滝)・83m
 

とりあえず橋を渡りきりましたが、反対側からは逆光でうまく写真が撮れませんでした。渡り始めた時間が遅くて周りが薄暗くなってきましたので、急いで引き返しましたが、途中、西側の景観が墨絵ぼかしのようできれいでした。







                   撮影 2009.9.6
吊橋からの景観-九酔渓(鳴子川)
 
九重”夢”大吊橋

交通アクセス・料金・問い合せ等は

九重”夢”大吊橋のHPを御覧ください

メニューに戻る