西宮市・甲東梅林の梅

2013年3月8日

兵庫県西宮市の甲東公民館に隣接した甲東梅林で、梅が見ごろとのことで出掛けました。
阪急電鉄・甲東園駅から徒歩で公民館を目指します。
約10分ほどで甲東公民館付近に到着します。フェンスで囲われた一角で赤い花がちらちらと見えていますので、ここが甲東梅林のようである。
奥の建物が公民館、生垣の裏側が梅林です。手前の空地が公民館の駐車場で、この時期、観梅客の駐車場としても利用されています。
けっこう咲いているようです
この梅林は、貿易商として活躍された芝川又衛門氏が、明治17(1884)年この地一帯にブドウ、柿、桃などの果樹栽培と共に、梅・桜・楓などの栽培を行ったのが始まりだといわれているそうです。
昭和22(1917)年、甲陵中学校の建設に伴い、運動場内にあった梅樹を現在地に移植し、昭和37(1962)年に甲東公民館が開館するまで同校の生徒によって潅水、除草等の世話がなされていたそうです。
昭和58(1983)年、「西宮観光30選」に指定されるなど、多くに人々に親しまれてきたそうですが、平成7(1995)年に甲東公民館が改築されたことに伴い、平成9(1997)年に梅林整備を終え、公園施設として装いを新たにされました。
このような沿革を持つ梅林には樹齢100年を超えるものが多く、樹種も全国から集めた36品種(約200本)に及ぶそうです。
品種は、豊後(ぶんご)、林州(りんしゅう)、南高(なんこう)などよく知られいるもののほか、白難波(しろなんば)、道知辺(みちしるべ)、麻耶紅梅(まやこうばい)、など色、形とも多彩な花が見られます。
冬至(とうじ) 玉垣(たまがき)
未開紅(みかいこう) 一重林州(ひとえりんしゅう)
唐梅(とうばい) 白玉梅(はくぎょくばい)
南高(なんこう) 道知辺(みちしるべ)
花香実(はなかみ) 曙(あけぼの)
白鳳(しろほう) 千鳥(ちどり)
藤牡丹枝垂(ふじぼたんしだれ)
まだ蕾だけの木もありましたが、まあまあ見頃と云える状態で、思っていたよりも素晴らしい梅林でしたが、帰り際に見た看板には「梅びらき 期間・平成25年2月11日〜3月11日迄」と記されています。まだまだ観梅が楽しめると思うのですが、期間延長は無さそうな感じです。
甲東梅林
所在地 西宮市上甲東園2-11-60
TEL .0798-51-3748(甲東公民館)
交通 阪急電鉄今津線
 甲東園駅下車徒歩約10分
入林料 無料
期間 平成25年3月11日迄
駐車場 有 (無料)

メニューに戻る