高知城の早咲き桜と桂浜

2012年4月1日

バスは明石海峡大橋をひた走ります。

旧職場のOB達と行く春の観桜会は「高知城の桜」と決まり、読売旅行社が企画した「高知の早咲き桜と高知日曜市」という日帰りバス旅行に参加した11人と共に高知に向います。
行程は、神戸淡路鳴門自動車道で淡路島を縦断し、徳島自動車道にて西進、川之江東JCTから高知自動車道に入り南下して高知市内に入ります。07:25にJR尼崎駅前を出発したバスは途中「淡路SA」と「吉野川SA」で一時休憩を取っただけで12:05に昼食会場である城西館に到着します。
色とりどりの市電が行き来する道路に面して建つ城西館は、明治7(1874)年創業の老舗旅館で、皇族の定宿として、また多くの各界の名士の方々が利用されるという高知随一の名旅館だそうです。

ここで昼食を済ませ、高知城へと向かいます。
高知城の近くまでやってきました。ここから前進すれば高知城の入口、後退すれば高知日曜市の会場です。
日曜市は車道路の片車線を通行止めにして露店が並ぶという市で、沢山の人達で賑わっていましますが、観桜会ですから、まずは高知城の方へと歩を進めます。
高知城・追手門

慶長年間の創建、寛文4(1664)年に再建されたもので、この城では珍しく大きな石垣で枡形を構成し、内部が見通せないように右側に建てられた城の正門である。
左上奥に天守閣が見えています。
追手門をくぐり、まずは天守閣へと向かいます
高知城は江戸時代初期に土佐藩藩士・山内一豊により着工され、慶長8(1603)年に完成しました。
享保12(1727)年の火災で追手門以外は焼失するも、延享(1747)年に創建当時の姿で再建されたそうである。
天守閣は外観4層、内部3層6階建、高さ18.5mの建物で、国の重要文化財に指定されています。

まずは天守閣の最上階から桜の状況を観察します。
大阪では、まだ何所とも開花宣言が出されていませんが、この高知城の周辺では、もうソメイヨシノが満開です。


大阪を出る時は寒かったので、厚着をしてきたこともあってか、少し動くと汗がにじむという暖かさです。
天守閣から桜の咲く所に向かいます
天守閣と桜 リョーマの休日?
満開の桜
こちらは満開まであと少し
見上げると
梅と桜が同時に咲いている所がありました
あちらこちらでシートを広げての宴会も始まっていました
このあと、高知日曜市を少し歩いた後、バスが待つ高知城駐車場に戻り、桂浜へ向かいます。
途中「はりまや橋」の横を通過しましたが、よく見えません。添乗員さんの話では「わざわざバスを止めて見るほどのものではありません」とのことで、とにかく先を急ぎます。
そして、16:20頃に桂浜に到着します。残難ながら坂本龍馬像は丁度太陽が背中の辺りにあり、逆光で上手く撮れませんでした。

メニューに戻る