京都宇治:興聖寺の紅葉 

2016年11月24日

京阪電鉄・宇治駅に降り立った。

関西の紅葉も終盤に差しかかり、比較的遅くまで紅葉が見られる所を探していると、宇治市内の興聖寺(こうしょうじ)という寺が見つかりました。

京阪宇治駅からは宇治橋を渡らず上流に向かって歩きます。
途中に立ち寄った宇治神社
  
道中で出会った紅葉
 
宇治川で魚をねらう「アオサギ」
 
真赤なモミジ
 
こんな紅葉を見ながら歩くこと約15分で
 
やがて「興聖寺」の前に到着する
 
興聖寺

興聖寺の名は、曹洞宗(そうとうしゅう)の開祖・道元禅師(どうげんぜんし)が伏見深草に開いた由緒ある寺にちなみ、慶安元年(1648)に淀城主・永井高政(ながいたかまさ)がそれを宇治の地に再興しました。本堂は伏見城の遺材で造ったとも伝えられており、境内は禅寺にふさわしい威厳(いげん)と静寂(せいじゃく)に満ちています。また、山門に至る参道は琴坂と呼ばれ、紅葉の(もみじ)の名所として知られています。
興聖寺・竜宮門
 
興聖寺・本堂
 
では「興聖寺」の紅葉の様子をスライドショーでご覧ください。
 
興聖寺
所在地 京都府宇治市宇治山田27-1
拝観時間 拝観自由 拝観料 無料
堂内は06:00~16:30 料金300円
交通 京阪宇治駅より徒歩約15分
JR宇治駅より徒歩約25分
駐車場 有り 無料 (参道を上がって左側)
メニューに戻る