城跡探訪・越水城

兵庫県西宮市の越水城跡を目指して歩きます。城ケ堀という町名を見て城跡に近付いていることを実感します。
現在、城跡は大社小学校の敷地となっているそうですので、まずは学校探しです。こんな階段を上り北方向に進むと校舎らしき建物が見えてきます。
これが大社小学校の玄関口のようですが、レトロ建物で紹介したいような校舎です。
校舎の南東隅にある城跡碑。その横の解説板の文面を下に略記します。

 目の前の小高い丘は観応2(1351)年、足利尊氏と弟直義が戦った小清水の陣所跡で、瓦林正頼は永正13(1516)年、ここに越水城を築城しました。その広さは南北約200m・東西約100mで小清水城あるいは腰水城といわれていました。ここは西国街道の要衝で、城にかかせぬ水にも恵まれた築城の適地でした。
 応仁の乱に始まる戦国時代初期、城主正頼は細川氏の内紛に高国方につき、西国より京にのぼる澄元を迎えうって敗れ、その上、澄元に内通したとして切腹、死後澄元の家臣三好氏が入城しました。天文2(1533)年には瓦林と一向一揆が三好を攻めて城をうばい返し、瓦林の一族が城を守りますが、さらに攻防が繰り返されて、ついには畿内の覇者三好長慶の居城となり、彼は家臣松永久秀を京に止めて越水城で指揮をとりました。
 永禄9(1566)年、時の城主四国阿波の篠原長房は瓦林三河守に攻められ、一旦開城しますが、4日後に復活、9月には足利義親が入城しましたが、11年に織田信長の入洛により、越水城の戦略的価値が消えました。
この「越水城跡」石碑は、大正9(1920)年に旧学校跡地(ここから北東約100m)に、自宅を構えられた中弥兵衛氏が、自宅正面横に建立されていたものですが、平成5(1993)年に、この場所に移されたものだそうです。
小学校の東側に「越水城の水がめ」と伝えられている井戸があるそうですので探してみました。現在は住宅地で大きなマンションなども建つ旧城下町内をうろつきますが、なかなか見つけられません。丁度、空き地で草抜きをされていた昔のお姉さんに道を尋ねると、親切にも井戸が在る場所まで案内してくださいました。
越水(小清水)の井戸

井戸と言えば深く掘り込んだ井戸を連想していましたが、こんな小屋で囲われた井戸でした。何でも六甲山系に降った雨水が、昔から、こんこんと涌き出ていたそうですが、この日は残念ながら夏涸れなのか、水は湧き出ていませんでした。

他にも2ヶ所、こんな井戸があるそうですので、探してみましたが見つけることは出来ませんでした。

  訪問日 2012年8月27日
越水城跡
所在地 兵庫県西宮市桜谷町
交通 阪急神戸線夙川駅
JR神戸線さくら夙川駅
両駅から徒歩約15分
左地図のマークは城跡碑の位置です

メニューに戻る