越木岩神社の椿まつり

兵庫県西宮市にある越木岩神社では、毎年つばきの咲く時期に、椿まつりが行われるという話を、以前勤めていた職場の同僚から教わっていた事を思いだし訪れてみた。鳥居をくぐり境内を進むと本殿に到着するが、椿の花は本殿内に生けられており、丁度ご祈祷の最中でしたので「ご神体・甑岩」を先に見る事にする。案内表示にしたがって薄暗い境内を少し進むと・・・・・
こんな大きな岩に出くわした。

これが、この神社のご神体であり、周囲約40m・高さ10mの大岩である。酒米を蒸す時に使う「甑(こしき)」という道具に似ていることから「甑岩(こしきいわ)」と名づけられ、昔から信仰の対象とされてきました。

今から400年ほど前、豊臣秀吉が大阪城・築城に際し、城の石垣にする石を送るようにと全国の大名に命じます。この岩に目を付けたある大名が、人々の制止にも耳を貸さず、家来に命じて切り出しにかかったところ、ある日ノミを打ち込んだ岩の割れ目から白い煙が立ち昇り、それを吸った石切職人達は手足を震わせ、苦しみもだえて斜面をころがり落ち、やがて息絶えたそうで、即刻、石の切り出しは中止されたとの事。

今でも大岩には、その当時の大名の家紋が残り、周りにはノミ跡がのこる切り出された岩も残っています。
さて、甑岩から戻ってくるとご祈祷が終っていましたので、本殿内の椿を見せていただきました。これらの椿は神社の森で咲いているものでなくて、各地のつばき栽培者から届けてもらったものだそうです。(拝観無料)
日本名の椿に混じって横文字名の大輪の珍しい椿が目につきます。

椿は日本原産で世界に誇る花木であり、西洋にも沢山輸出されましたが、大きな花を好む西洋人達によって大輪品種に改良されたものが、現在、日本に里帰りしてきているそうです。

←写真クリックで品種名と大きな写真を表示します。
椿まつり当日には「椿セミナー・奉納演芸」なども行われます。


越木岩神社(こしきいわじんじゃ)

所在地:西宮市甑岩町5-4  地図表示
TEL:0798-71-8375
HP:http://www5.ocn.ne.jp/~koshiki/index2.htm
撮影 2007年3月18日  越木岩神社の椿まつり 終

メニューに戻る